自分は自分の応援団

こんにちは。
ココロとカラダの整体師 渕脇です。

辛いことがあった時、自分にどんな言葉を掛けますか

生きているといろんなことがあります。
嬉しいことも、悲しいことも、辛いことも。
嬉しいことばかりで埋め尽くされていればいいけれど、現実はそうはいきません。
うまく行かないことも沢山あります。
自分の思い通りにならなかったり、自分の至らなさを思い知らされたり、理不尽な扱いを受けたり。

落ち込みますよね。
落ち込んで当たり前だと思うのです。
そういう時は誰にでもあるのです。

さて、そんな時、あなたは自分に対して、どんな言葉をかけているでしょうか?

ああ、自分は何てダメなやつなんだ。
まだまだだなあ自分。
まったく何やってんだ自分。
こんな自分が大嫌い。

と、自分を責めているでしょうか?

大丈夫、大丈夫。
今回はたまたまうまく行かなかっただけ。
お前、頑張ってる。
お前は悪くないよ。
次はきっとうまく行くよ!

と、自分を励ましているでしょうか?

あなたは、責める派?
それとも、励ます派?

こころの癖によって、受けるストレスは全く違う

どちらの態度をとるか、それはこころの癖です。
どういう癖を持っているかで、ストレスを受ける度合いは全く違います。

同じような境遇にいるのに、ある人はものすごくストレスを感じているのに対して、別の人はそうでもない。
そういことが起こるのは、その境遇をどのように受け止めているか、自分に対してどのような声掛けをしているか、こころの癖が違うからです。

一度きりの人生ですから、どうせなら楽しく生きていきたいですよね。
そのためには、こころの癖を見直してみることをお勧めします。

基本的なスタンスとして、自分で自分を責める立ち位置をとるか、なぐさめて励ます立ち位置をとるか、ということです。

b85252ec51fe6652f77854c073722ebb_s

自分は自分の応援団になろう

社会の荒波にもまれて傷付いた自分を、社会と一緒になって、さらに傷つけなくてもいいじゃないですか。
自分を鍛えてくれる人はたくさんいるんだから、自分はなぐさめて癒す側に回りましょう。

これは癖なので、意識的に直していくことが可能なのです。
くり返しり返し練習していけば、こころの癖は修正可能です。

今日から、自分は自分の応援団になるんだと決めてください。
決して、自分を責めたり、貶めたりしないと決めてください。

そうして、楽しい人生を歩いていきましょう!