苦しいときには助けを求めよう!

「私はこんなに苦しいのに、誰もわかってくれない。。」

そう言って、本当に悲しそうに泣いている人がいる。

でも、その一方で、

「人に弱みを見せたくない。」

とおっしゃる。

気持ちはとても良く変わります。
私もかつて、そうだったから。

大丈夫なふりをしていた。
弱いところを見せたくなかった。

でも、今ならわかるんですよ。

自分が苦しんでいる姿を見せていないんだから、
誰もわかってくれなくて当然なんじゃないかな?

苦しかったら、苦しいと訴えよう。
助けてほしかったら、助けてとお願いしてみよう。

苦しむところを見せずに、助けてと言わずに、、
それでも、わかってほしいって。。。

やっぱり無理だと思う。

苦しいと言うことは悪いことじゃない。
泣き言を言うことは悪いことじゃない。

ちゃんと言わないと、伝わらないよ。
もう、我慢するのはやめましょう。

d07433943c2e7432c94dc985f4d2fd60_s

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする