私が整体師になった理由

こんにちは。
ココロとカラダの整体師 渕脇です。

整体院と整骨院。
似ているようで違います。

でも、一般の人にはその違いはあまり認識されていないようです。
整体院と整骨院の違いを明確に説明できる人は、そう多くないように思います。

整骨院は怪我のスペシャリスト

整骨院は、柔道整復師という国家資格者がやっている治療院です。
接骨院という名前で出している人もいますが、中身は同じです。

柔道整復師は、昔は「ほねつぎ」と言われていました。
ある一定の年齢以上の人は、「ほねつぎ」と言ったほうが分かりやすいかもしれません。

柔道整復師は怪我のスペシャリスト。
骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷などの外傷の治療を行うのが彼らの仕事です。
怪我が対象だから健康保険が使えるのです。

本来、肩こりや慢性的な腰痛、疲労回復などが目的の場合は健康保険の対象外です。
これらの目的で健康保険を請求すれば、それは違法行為というとこになります。

整体院は治療院ではありません

これに対して、整体師は民間資格。
それぞれの民間資格団体が、それぞれに出している。
民間資格だから、有ってないようなものだと言われることもあります。

当然のことながら、治療行為は出来ないし健康保険も使えません。
整体院が出来ることは、体調維持であり、コンディショニングであり、健康な身体を作ることです。

バランスの取れた体を作ることは、疲れにくい、壊れにくい体を手に入れること。
理想的な姿勢、理想的な身体の使い方を自分のモノにするのは、一生モノの財産になります。

整体院と整骨院の違い。
それは、壊れてしまった人を治すのが整骨院であるのに対して、壊れないような体を作るのが整体院であると言っていいでしょう。

私が整体師でありたいと思う理由はここにあります。

私は、壊れる人を減らしたいと考えているのです。

壊れる人を減らしたい

壊れた人を治すのもとても大事なのですが、そもそも、壊れないようにすることの方が大切だと考えているのです。

壊れてからでは遅いというということが多々あります。
歳と重ねていくと、あちこちが壊れていきます。
年齢によって壊れていくのは、ある意味自然の摂理と言えますが、壊れる前からの心がけによっては、壊れる年齢を遅らせることは可能です。

年齢が原因で壊れてしまった場合、それを治すというのはとても難しいのです。
時計の針を逆に進めることはできないからです。

たとえば、関節の変形や圧迫骨折などを、それ以前の状態に戻すのは不可能です。
脳梗塞などの後遺症をスッキリと元に戻すことも不可能です。
不可逆的な状態というのがあるのです。

いかにしてそういう状態に陥らずに、長い間快適に動けるか。
それは、日々の心がけによってかなりの差が出てくるのです。

整体院やってくるクライアントが口々に言います。

「自分のカラダがこんなことになるとは、若いうちは思わなかった。」
「将来ダメになるよと忠告をしてくれる人は沢山いたのに、耳を貸さなかったのが悔やまれる。」
「もっと若いうちから気を付けていればよかった。」
「もっと気をつけないとダメだと、昔の自分に言ってやりたい。」

尻に火がつかないと動かない人が多いです。
でも、火が付いた時にはすでに手遅れということが少なくありません。

予防に力を入れたほうが人生が豊かになる

壊れたものを治すのは大変な労力とお金と時間がかかります。
失われてしまう機能もあります。

その損失を考えると、壊れないように日々を過ごすことの方が余計な労力を必要としません。
それどころか、日々を良い体調で過ごすことが出来るので、気分も良く生産性も上がります。
心身ともに良いコンディションで過ごす方が、結局のところ豊かで幸せな人生を歩くことが出来るのです。

私は、日々のコンディションに気を使い、豊かな人生を歩もうとする人たちの力になりたいし、壊れてしまう人をその前に何とかしたいと思っています。
これが、私が整体師になった理由なのです。

カウンセラーになったのも、同じ理由です。
日々の生活の中で、悩み事や不安やストレスを感じることはよくあることです。
その悩み事にどっぷりと浸ってしまうと、やがて精神を病んでしまうかもしれません。

カウンセリングを通じて、ちょっと違う視点、ちょっと違う考え方を手に入れることが出来れば、完全に病んでしまうのをなんと回避することが出来るかもしれません。
また、自分の思考のクセを知り、それを改善することが出来れば、苦しい人生から解放されることもあるでしょう。

かつての私のように、完全に病んでしまえば、人生に大きな影響を及ぼしますし、大変な苦しみを味わうことになってしまいます。
そうなってしまう人を一人でも減らすこと。
それが、カウンセラーになった理由です。

整体師とカウンセラー、どちらも同じ理由でなりました。
壊れる前に何とかしたいのです。

日々の暮らしを快適に過ごす。
その延長上に、健康的で幸せな人生があります。

壊れてからでは遅い。
壊れないようにすることが大切なのです。