今のうつ病治療は間違えているよね

こんにちは。
カウンセラー整体師の渕脇です。

私は過去、うつ病に苦しみました。
でも、私は病院に行きませんでしたし、薬も飲みませんでした。

なぜなら、私の不調の原因がはっきりしていたからです。
私の人生の選択の問題、生き方の問題であって、薬を飲んで治るようなものではなかったからです。

うつは心の風邪キャンペーン

私がうつ病になってしばらくしてから、あの悪名高い「うつは心の風邪」キャンペーンが始まりました。
「うつは心の風邪のようなものだから、お医者さんに行ってお薬を飲めばすぐに治りますよ!」
というキャンペーン。

なんのことはない、当時、日本で新たに認可された抗うつ薬(SSRI)のキャンペーンでした。

このキャンペーンはある意味で大成功しました。
その後、うつ病患者は増え続け、SSRIは売り上げを伸ばしていきます。
いまや抗うつ薬は、製薬会社にとっては稼ぎ頭になっています。
それに伴い、自殺者もどんどん増えて行きました。

もちろん、時代背景などもあって、SSRIの売り上げ増加と自殺者の増加が必ずしも関連があるとは言えないかもしれませんが、皮肉な結果となっています。
シロウト的に考えれば、SSRIが素晴らしい抗うつ薬であれば、うつ病患者は減る事こそあれ、増えることは無いだろうと思うのですが、事実はその逆なのです。

患者数が増えた背景には、キャンペーンの成功を受けて、病院やクリニックを訪れる人が増えたことが挙げられます。
それまでは、心療内科などという診療科目は無く、うつ病をわずらった人は精神科にかかっていました。
精神科はさすがに敷居が高く、少しイメージの柔らかい心療内科が出来たことで、患者が増えたということも考えられます。

人生に悩みはつきもの

人生には悩みはつきもので、落ち込むことがあるのは当たり前です。
それまでなら病院に行かずにやり過ごしていたような人まで、つまり、病気とは言えないような人まで心療内科を受診するようになってきました。
そのこともまた、患者数が大幅に増えている原因にもなっています。

精神科の病気の問題点として、どこまでが病気でどこまでが病気ではないのか、という線引きがとても曖昧だということです。
同じ症状を訴えても、医師が変われば診断も変わる。
そんな事は当たり前に起こっています。
そんな現状があるのです。

また、その線引きが曖昧なために、どこまで行ったら治ったというのかもはっきりしません。
私自身も、うつが治ったと自覚できるまでに何年もかかりました。
後になって振り返ってみて、「ああ、あの頃から少し元気になった気がするなあ。」と気が付くのです。

また、うつが治ったからと言っても、落ち込んだり、悩んだり、不安になる日はあるのです。
それが人生だし、当たり前のことなのです。

原因にアプローチしなければ治らない

現在は、少しでもうつ病の可能性があると、まずはクリニックを訪れます。
そうして、そこで何らかの診断名をつけられて薬を処方されます。
この薬を飲み続ければ、この病は治りますと言われるわけです。

この段階で、多くの人は病人にされてしまいます。
本当に病気なのかどうかわからないのに。

また、冒頭に述べた私の場合ように、人生の選択の問題でうつ病になったばあい、いくら薬を飲んでも治るわけがありません。
本来ならば、自分の人生と真剣に向き合って自分が満足する生き方を模索しなければならないところを、薬が解決してくれると信じてしまうことで、自分と真剣に向き合うことをしなくなります。

うつ病になるということは、苦しい人生を歩いているということです。
その苦しさはどこから来るのか。
その原因にアプローチをしていかなければ、薬を飲んでも苦しいのは変わりありません。

薬は症状を和らげるだけであって、問題を解決してくれるわけではありません。
それを飲み続けたからと言って、治るというわけではないのです。

薬を飲み続ければ治る。
そう信じることが、うつ病を治らない病気にしてしまっているのです。

どんな病気でもそうですが、本当にその病気を治そうと思うのならば、その原因を取り除く必要があります。
その原因を取り除くことをせずに、薬でコントロールし続けるのは、治すとは言わないと思うのです。

その原因が特定できないことも多いと思いますが、その原因にアプローチをし続けることが大切だと思います。

うつ病を治せるのは自分だけ

うつ病の場合は、考え方、モノの見方、視点、人生観、環境、人間関係、生活習慣。
そういうものを見直していく必要があります。

私の場合は、自分自身のうつ病の経験、整体師としてカラダからのアプローチ、カウンセラーとしてココロからのアプローチ、トレーナーとしての生活習慣からのアプローチを通して、さまざまな角度からサポートをしていきます。

うつ病は自分で治そうとしない限り治りません。
うつ病を治すのは、医者でもなければ薬でもなく、カウンセラーでも、ましてや整体師でもありません。

自分のうつ病を治せるのは自分しかいない。
そのように自覚することから始めなければいけないのです。

自分の人生ですから、自分で何とかするしかないのです。
これさえ飲んでいれば自分の人生はうまく行く、そんな魔法のような薬はありません。

もちろん、どこから手を付けていいかわからないという方は、その道のプロの方の力を借りることをお勧めします。
それは、信頼できる精神科医でも、カウンセラーでも、私のような整体師やセラピストでもよいと思います。

あなたの人生の問題に、ともに向き合ってくれる人の力を借りて、ぜひとも、明るい人生を手に入れてほしいと思います。

人は支えあって生きています。
一人で悩まずに、ぜひ、相談してほしいと思います。
みんなで解決して、みんなで支えあって生きていけば良いのです。