くよくよしてはいけない本当の理由

こんにちは。
カウンセラー整体師の渕脇です。

長生きの秘訣

よくテレビ番組などで、長寿のお年寄りにインタビューしているところを見かけます。
そういう時の質問は、たいてい「長生きの秘訣はなんですか?」というやつですね。
私は、仕事柄こういう質問は大好きなんですね。
それに対する答えは、色々あるのですが、結構よくあるのが「くよくよしない」というやつです。
これを額面通り受け取ると、
「くよくよしないで、流れに身を任せていれば何とかなる。」
ということなのかと思いがちですが、どうもそうじゃないのではないかと最近は思うのです。

くよくよしていても問題は解決しない

長い人生、山あり谷あり。
いい時もあれば悪い時もありますよね。
本当にピンチ!
という時もあるでしょう。
長い間生きてきたお年寄りたちにも、そういう時はあったはず。
それで、長い経験からわかっているんじゃないのでしょうか。
「くよくよしていても、何も事態は変わらない。」ということが。
問題が生じたら、それを解決するべく対策を考えて、それを実行する。
だって、それしかないじゃないですか。
くよくよしようがしまいが、それをやなければ問題が解決しないんですもの。
くよくよしていると、変なエネルギーを使って、消耗するだけですから。
そんな無駄なことは無い。
くよくよするってことは、無駄なエネルギーを使うってことですよね。
だったら、前に進むエネルギーに、問題を解決するエネルギーに使ったほうが良い。

くよくよするエネルギーがもったいない

こんな偉そうなことを書いている私ですが、くよくよするのは私の専売特許です。
結構、くよくよするんですね、昔から。
それで、うつ病になったりするわけです。
最近も、ちょっとくよくよと考えていることがあって。
でも、くよくよしていてもなんにも解決しないんだなあ、ということに改めて気が付いたわけです。
だったら、くよくよすることに使うエネルギーがもったいない。
それを、前に進むエネルギーに使おうと思ったわけです。
もちろん、くよくよ考えがちの人にとっては、そんなこと言われてもすぐには出来ないかもしれません。
でも、すぐに出来なくても、そう考えてみようと思うだけでも、かなり違います。

とにかくやってみることが大事

何事もそうですけど、やってみないと出来るようにならない。
とにかくやってみよう。
そう思うことが大切なんですね。
もし、あなたが今、くよくよと同じことを考えているようであれば、そのエネルギーを前に進むエネルギーに使ってください。
問題を解決して、明るい未来をつかみ取るためのエネルギーに回してください。
その方が、よっぽど楽しいし、人生もうまく行きます。
くよくよ考えている自分に気が付いたら、「ああ、無駄なエネルギーを使ってしまった。もったいない。」と思ってください。
それだけで、かなり、前向きな気分が戻ってきますから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする