本当に必要なものは手に入るようにできている

こんにちは。
カウンセラー整体師の渕脇です。

忘れられない言葉

私には、自分の心に残る言葉がいくつかあります。
でも、その言葉をどこで聞いたのか忘れてしまったものや、本で読んだんだけど、本のタイトルや著者を忘れてしまったものも結構あります。

今日、ここで紹介したい言葉も、本で読んだ記憶があるのですが、本のタイトルが思い出せません。
残念ながら、著者も。

でも、皆さんにお伝えしたい。
どなたか、もし知っていたら教えてください(笑
その時は、もう一度その本を買って、ここで紹介したいと思います。

どうしても、ここで紹介したいと思った言葉。

それは

「本当に必要なものは手に入るように出来ている」

というものです。

薦められた本に出てきた

この言葉に出会ったのは、もうかれこれ10年ぐらい前のこと。
当時、私の整体院で働いてくれていた看護師さんが、
「この本面白いよ。先生も読んでみたら。」って、貸してくれた本に書いてあった言葉です。

整体院に看護師さんがいたというのがまた驚きですが、彼女、当時整体の勉強をしていたんですね。それで、先生の所で働かせて欲しいって、彼女のほうから言ってきたんです。そんなわけで、私の整体院には看護師さんがいたことがあったんですね。

話が逸れました。

で、その本は、「掃除の本」でした。
片付けとか整理とかお掃除とか。

で、その筆者の奥さんの言葉として、紹介されていました。

「本当に必要なものは手に入るようにできているのよ」

要するに、どんどん捨てなさいと。
後で必要になったらどうしよう、などと考えずに、今使っていないものはどんどん捨てましょうと。
どうせ、本当に必要なものは手に入るんだからと。

こういうわけです。

私の体験

で、この言葉、私の想像力をかきたてるわけです。
とても魅力的な言葉です。

言われてみれば、当たり前のことです。
本当に必要なものはすでに手に入れています。
それは、借金してでも手に入れようとします。
だって、必要なんだもの。

それ以外にも、天から降ってくることもあります。
これは、本当にそういう不思議なことが起こります。

私が今乗っている車。
ある人からもらったんです。
車をくれる人がいるというのもびっくりですが、もっと、スピリチュアルなにおいがします。

そろそろ、車も古くなったし、買い替えようかなあ。
4人家族だから軽でもいいかなあ。
などと考えていたころです。

当時、妻と息子二人の4人家族の私に、7人乗りの車が与えられたんですね。
で、ちょっとオーバースペックだなあと思ったのですが、ありがたくいただきました。

するとどうでしょう。
それからしばらくして妻が妊娠し、なんと双子の娘が生まれたのです!
家族が6人になってしまったのです。
軽だったら、あるいは普通の乗用車だったら定員オーバーで乗れませんでした。

ちょっと、スピリチュアルだと思いませんか?

逆の視点から見ると、欲しくても手に入らないものは、必要ないものだから手に入らないとも考えられます。
今現在、それが無くてもなんとかなっているんだから、必要ないのです。

モノだけの話じゃない

で、ふと思ったのですけれど、これって、モノだけじゃなくて、人や機会(チャンス)もそうなんじゃないかなあと。

必要な人に、必要な時に会える。
そうなっているんじゃないかなと。

そう思って自分の人生を振り返ってみると、本当にそうなんです。
必要な時に、必要な人に出会えているんです。
これは、ラッキーとしか言いようがありません。

でも、「そういうふうに出来ている」のだとすれば、きっとそうなんだろうなと思います。

これから先もきっと大丈夫

「本当に必要なものは手に入るようにできている。」

うーん、深いなあ。
考えれば考えるほど、深い言葉です。

しかも、これを信じていれば安心できます。
この先も何とかなりそうだなって思える。

本当に必要になった時、それは与えられるのです。
しかもベストなタイミングでね。

だから、きっと大丈夫。
これからも、ずっと大丈夫。

だって、本当に必要なものは手に入るのですから。