カラダがほぐれるとココロもほぐれる

こんにちは!
カウンセラー整体師の渕脇です。

スタッフにほぐしてもらいました

つい先日、マラソンの練習で20㎞走ったら、その夜、体中がガチガチに固まってしまいました。
おかげであまりよく眠れずに、仕事に出かけることになりました。

まあ、私にもこんな日だってあるのです。

その固まったカラダのままで、将来の計画を考えていたのですが、思考がどんどんネガティブになり、将来に対して不安が募っていくし、いいアイディアは浮かばないし、やる気は出ないし、本当に疲れ果ててしまいました。

どうやら、風邪気味のようで、のども痛いし、頭も痛い。
そんな体調だから、余計に体が固まってしまったのでしょう。

こんな時に、将来の計画なんか立てるものではないと思い直し、整体院のスタッフにお願いして、私の体をほぐしてもらうことにしました。

すると、どうでしょう。
カラダがほぐれていくのに従って、ココロもほぐれていくのが分かります。
思考がどんどんシンプルになっていって、こんがらがったあまたが整理されていきます。

もちろん、スタッフに相談に乗てもらいながらだったので、余計に思考が整理されていくのが分かりました。

やっぱり、ココロとカラダはつながっているんだなあ、ということを、改めて実感しました。

固まったカラダのままでは、柔軟な思考はできない。
そのことを、改めて実感したのです。

うつからの社会復帰したときのこと

私がうつ病になって会社を辞めたのは、1999年の3月31日です。
もうかれこれ、18年の歳月が流れようとしています。

会社を辞めた後、私は一年間、仕事をしていませんでした。
そして、一年後、整体の専門学校に入学し、徐々に社会復帰をしていきました。

整体の学校での授業では、もちろんのことながら実技の練習があります。
2人の生徒が組になって、お互いに施術を行うのですが、初めての登校日に先輩の施術を受けて、本当に幸せな気分になったのを思い出します。

こんなに気持ちいい思いを出来るなんて、なんて幸せな学校なんだろう。
そう思ったものです。

緊張していた私のココロも、すっかりとほぐされました。
その後は、学校にいくのが楽しみになりました。

そのおかげで、社会復帰がすんなりと行ったんだろうと思います。
もちろん、興味があることを勉強するというのも面白かったのですが、毎日のように整体を受けていたのも、かなり良かったのではないかと思います。

「気持ちがいい」って、本当にすごいこと。
カラダがほぐれるって、本当にすごいことなんだと改めて思います。

ココロがほぐれると明るい未来が見えてくる

私の施術を受けてくれているクライアントさんは、「気持ちが明るくなる」「気持ちが楽になる」「世界が明るく見えるようになる」と、口々に言ってくれます。

「またこれで頑張れます。」と言って、笑顔を見せてくれます。

カラダがほぐれれば、ココロがほぐれる。
ココロがほぐれれば、思考がほぐれる。
思考がほぐれれば、いいアイディアが浮かんできて、明るい希望を持つことが出来るようになります。

もし、あなたが閉塞感を感じているなら、カラダが固くなっているのかもしれません。
まずは、身体からほぐしていくのも良いでしょう。

ぜひ、一度、私の施術を受けてみてください。
興味のある方は、東大和市のあおぞら整体院にお越しくださいね。