幸せを売る仕事

こんにちは。
カウンセラー整体師の渕脇です。

健康でいることの価値

私はカウンセラー整体師と名乗って仕事をしています。
精神面から、そして肉体面から、皆さんの健康をサポートする仕事です。

どうしてこの仕事をやるようになったかと言えば、自分自身がうつ病に罹って、健康のありがたみを実感したからです。

うつ病は本当につらかった。
毎日、毎日、うつうつとした気分の中で暮らすというのは、本当につらい。

私の場合は、微熱がずっと続いていて、常に体が重い状態でした。
当然、思考はネガティブな事ばかりを考えて、仕事に追われているのに集中できず。
事務所の電話が鳴るたびに、クライアントからの電話ではないかとビクッとする状態でした。

休みの日は、家から一歩も出ることが出来ずにずっと寝ている始末。
気分転換にどこかに出かければいいんだろうなあ、と思いつつ、どこに行こうかと考えること自体が面倒くさくて出来ませんでした。

ちょっとした刺激でいつでも心の糸が切れてしまうだろう、そんな感覚、なんだろう、心の弾力性が失われ、干からびた輪ゴムのような脆さを感じていました。

もし、こんな状態がこれから先もずっと続くなら、生きている意味はない。
そんな思いさえよぎります。

こんな状態ですから、当然のことながら、仕事の質は良くありません。
ふだんならありえないような凡ミスを繰り返し、クライアントに指摘されてしまう。

仕事の質、生産性も落ちていきますよね。

健康を損なうということは、そういうことなんだと思うのです。

健康に投資しよう

うつ病と言いう状態にまで至らなくても、心身ともに疲れた状態で仕事をするのと、フレッシュな状態で仕事をするのと、どちらがいい仕事が出来るでしょうか。

こんなのは、考えるまでもありませんよね。

では、いつも疲れている状態の時と、心身ともに充実している時と、どちらが幸せを感じられるでしょうか。

これだって、考えるまでもありません。

ビジネスパーソンなら、いい仕事をして、社会に貢献できていることを実感した時、幸せを感じるのではないでしょうか。

言うまでもありませんが、社会に貢献できた時、収入もそれなりに上がりますよね。
心身ともに健全でいるということは、収入にも影響してきます。

文字通り、自分の健康にお金をかけるということは、自分への投資です。
積極的にお金をかけてもいいのではないでしょうか。

ビジネスパーソンではなくても、心身が疲れ果てた状態では、幸せをあ感じることはできません。
いつも疲れた顔をして、「はあ、疲れた~」と言っている人は、自分も幸せを感じられないし、周りの人を幸せにすることもできません。

これはとてももったいないことですよね。

自分の身体に投資することは、自分とその周りにいる人たちの幸せへの投資でもあるのです。

整体師は幸せを売っています

私は、整体師になって良かったなあ、と思っています。
なぜなら、目の前にいるクライアントさんが幸せになるお手伝いが出来るからです。

私の整体を受けてくれた人は、皆さん、笑顔で帰っていきます。
その笑顔が、とても大切なのです。
その笑顔が出ること自体が、幸せな事なのです。

「幸せ」というのは、主観です。
自分は幸せであるという感覚に過ぎないのです。

まわりから見て、いくら幸せそうに見えても、本人が幸せを感じられないのであれば、その人は幸せではありません。

逆に、とても大変そうにくらいしているのに、本人は幸せを感じているということもあります。

幸せを感じられるかどうか、そこが大切なのです。

心身ともに、充実していれば、幸せを感じることが出来るようになります。
つまり、幸せになれるのです。

こう考えれば、私の仕事は幸せを売っているんだなあ、と思うのです。

もっと、多くの人を幸せにしたい。

そんな風に思っています。

このブログをお読みのあなたも、自分の健康に、もっと気を使ってみませんか。
疲れたココロとカラダでは、幸せを感じるのが難しくなりますよ。

健康的な毎日を手に入れて、幸せになりましょう!