たかが肩こりされど肩こり

こんにちは!
カウンセラー整体師の渕脇です。

肩こりは人間の宿命

このブログをお読みのあなたは、肩こりしますか?

肩こりは、頭と首を支える筋肉と、肩甲骨を動かし固定する筋肉の疲労によって起こります。

二足歩行で重い頭を持ち、手を使って作業する人間にとっては、肩こりはいわば宿命のようなもの。
そういうわけなので、肩こりを経験した事がない人は珍しいと思います。

肩こりを放置すると危険

そんな肩こりですから、まぁ、肩こりくらいは仕方がない。
我慢すれば良い、と考えている方も多いと思います。

しかし、肩こりを放置すると、大変な事になりかねない。
そういうことを覚えておいて欲しいと思います。

肩がコルと、まずは睡眠の質が低下します。眠りが浅くなります。
酷くなると、夜中に目が覚めて眠れなくなってしまいます。
これが続くと、慢性的な睡眠不足となり、様々な健康不安の原因になるのです。

また、肩こりが酷い状態では人はポジティブな思考をする事が出来ません。
どうしてもネガテイブな感情に支配されやすくなります。

こうなってくると、うつ病になる可能性が高くなってきます。
肩こりを放置するのは、とても危険なのです。

脳のパフォーマンスにも影響が。。

特に、頭脳労働者や企業経営者にとっては、肩こりを放置することは、自分のパフォーマンスを明らかに低下させてしまいます。

首から肩にかけての筋肉が凝ることで、首から上、すなわち頭部の血流が滞ります。
フレッシュな血液が頭脳労働者の武器ともいえる脳に届かなくなるのですから、自分の仕事の量、質ともに低下していきます。

質の良い仕事をして、それなりの成果を出したいと考えているなら、肩こりを放置すべきではありません。

肩こりが自分の精神状態や脳の活動に影響を与えているということを意識している人はあまり多いとは思えません。
多くないからこそ、肩こりを放置せずに、明晰な思考力を保ってほしいと思います。

積極的に対策をしよう

肩こりは辛い。辛いから何とかしよう。

そういう消極的な態度ではなく、もっと積極的に、「自分のパフォーマンスを最大限に引き出すために、肩こりを放置しない。」と考えてみてはいかがでしょうか?

肩こりがメンタルに及ぼす影響、仕事に及ぼす影響の大きさを考えれば、放置しておく、我慢するという選択肢はないはずです。

自分のパフォーマンスを最大限に発揮するために、定期的に整体を受けましょう!
きっと、目に見えて成果が上がりますよ!