自律神経失調症と肩こり

こんにちは!
カウンセラー整体師の渕脇です。

自律神経失調症で整体を受けに来る人が増えている

ここ数年、病院で自律神経失調症と診断された人が、私の整体院にやってきてあっけなく改善していくケースが増えています。

そういう人は、だいたい、以下のような道筋をたどって、私の整体院にやってきます。

ある時から、手足のしびれ、めまい、吐き気、頭痛、動悸、などの症状が出て、病院を受診します。ところが、検査をしても異常が見つからない。悪いところはないと言われてしまいます。中には、色々な病院を回る方もいます。

病院に行っても原因がはっきりしない。
自分の体調が悪いので、自分の健康のことを考えると、不安感が強くなってくる。

それでも、元々の症状に加えて不安感も出てきたので、心療内科を受診します。
そこで、自律神経失調症と診断され、安定剤などを処方されます。
それを飲み続けても、なんだか改善したような気がしないので、何か他に試せるものは無いかとネットで検索したところ、あおぞら整体院のホームページにたどり着く。

こういう感じです。

それで、私が施術すると、ほんの数回で、中には一回で症状がなくなってしまうというわけです。

肩こりが引き起こす様々な症状

こういう人たちに共通しているのは、肩こりです。
首、肩、背中がガチガチに固まっています。

首、肩がガチガチになってしまうと、手がしびれることがあります。
頭痛の原因になります。
ひどくなると吐き気がします。
首のゆがみが原因でめまいを引き起こすことがあります。
背中が固まると呼吸が苦しくなります。
動悸がすることもあります。
眠りが浅くなり、夜中に目が覚めたり、寝付けなくなります。
そして、疲労感が半端ないです。

こういう症状が一度に出てくると、
「あれ、なんかやばいかも」
と、不安になります。

こんな状態の上に、なにかストレスの元、例えば、仕事がハードだったり、悩み事や不安などを抱えていると、うつ病にもなりかねない。

そういう状況です。

自律神経失調症と肩こりの関係

で、こういう人があおぞら整体院にやってきた場合、私は何をやるかというと、

まずは、日常生活や、こういう状況になった経緯をうかがいます。
心理的な問題があれば、カウンセリングを行います。
背中、肩、首、頭を中心に、独自の手技でゆるゆるに緩めて差し上げます。

そうすることで、ほんの数回の施術で、人によって一回で、先ほどのような症状が嘘のように取れてしまいます。

自律神経失調症と診断された人の中に、かなりの割合で、ただの肩こりだったという人が含まれているということです。

「あなたは、自律神経失調症です。」と言われてしまうと、なんだかとんでもなく厄介なことになった、と不安になっても仕方がないと思います。
でも、「あなたの症状は肩こりです。」と言われれば、なーんだ、という感じです。

ただ、ここできちんと申しあげておきたいのは、最初に病院へ行くのは正解だということです。

もしかしたら、怖い病気が隠れているかもしれない。
脳梗塞や脳腫瘍、狭心症や心筋梗塞、あるいは悪性腫瘍とかね。
その可能性は否定できないからです。
まずは病院へ行って、そういう怖い病気ではないということを確認することは大切です。

病院へ行って、「どこも異常はない。」と言われたら、整体を受けることを検討してもいいかもしれません。

ただ、肩こりが原因で、上記のような症状が出ることがあるということは、知っておいてほしいと思います。

この記事を読んで、「あれ、私もそうかもしれない」と思ったら、東京都東大和市のあおぞら整体院でお待ちしております。
ぜひ、私の整体を試してみてください。