自分の事は自分で守ると決意する!

こんにちは!
カウンセラー整体師の渕脇です。

私はこれから、うつ病を予防するためのプログラムを作ろうと考えています。
これだけ世の中にうつ病が増えているという現状は、やはり何とかして変えていきたい。
変えていかなければいけない。
そう思うのです。

だから、このプログラムは絶対に必要。

うつ病を予防するための基本

そこで、うつ病を予防するために、最も基本的なことは何だろうか。
そう考えた時に、まず初め思い付いたことは、自分は自分の味方であり、最後の砦であり、最初の応援団であり続けることが大切、ってこと。

自分の場合もそうでしたけど、多くのココロ病む人の話を聞いていると、やはり、自分で自分を責めている、自分で自分にダメ出しをしている人が多いですよね。

結局、自分が一番自分を苦しめているんです。
そして、そのことに気が付いていないんですね。

親とか先生とか上司とか客先とかパートナーとか。
自分を責める人、叱責する人、無理な要求をしてくる人は沢山います。
そういうプレッシャーやストレスから自分を守る存在は、まずは自分です。

それなにの、そういう自分を責める人たちと一緒になって、自分も責める側に回ってしまったら、守ってくれる人はいなくなってしまう。
それでは、自分が傷ついてしまいます。

自分の事は自分で守る。
自分の事は自分で癒す。

そういうスタンスを明確にすることが、まず第一歩です。

自分は自分を守る最後の砦

自分だけは、自分の事を責めない。
傷つけない。
癒す。
なぐさめる。
応援する。

そういう立ち位置をとる。
自分は最後の砦。

そのことを心に誓ってください。

自分はダメなやつ。
役に立たない。
自分が嫌い。
人に迷惑ばかりかけている。
価値がない。

そんな風に思っていては、癒されない。
どんどん自分を傷つけてしまう。

いやいや、お前頑張っているよ。
お前の良さは俺が一番わかっている。
お前の苦しさはよくわかる。
お前のことは俺が守る。
嫌なことはやらなくていいんだ。
やりたいことをやればいいんだ。
ダイジョブ、お前なら出来る。
まだまだ行ける。
自由に生きていけばいいんだ。
やりたいようにやってみよう!

こんな感じで、自分に声をかけ続けるのです。

うつ病を予防するには、そこがスタートであり、それが全てと言ってもいいかもしれません。

自分を守る!と決意する

小さい頃に、前はダメなやつだと言われ続け、怒鳴られ、劣等感を植え付けられてしまった人は、大人になっても自分を守ることが出来なくなってしまいます。

まずは、自分で自分を責めていることに気が付きましょう!
今まで自分を責めてきたまわりの人たちと一緒になって自分を責めている。
守る人は誰もいない。
それどころが、一番身近な存在である自分に責められているんですから、傷ついて当たり前ですよね。

まずそのことに気が付きましょう。

自分の事は絶対に自分で守る。
自分の事を絶対に責めない。

そういう立ち位置をとる!
その決意。
それが大切なのです。

それだけで、自分を守ることが出来るようになります。
その、基本的な姿勢は明確にしておきましょう!