ブログ400日目に思うこと

こんにちは!
カウンセラー整体師の渕脇です。

このブログ、毎日書くと決めて書き始めてから、今日でちょうど400日。
始める前は、どれくらい続けられるかわからないなあ、なんて思っていたけど、400日が過ぎてしまいました。

やってみれば出来ちゃうこともある

400日経ってみて、改めて振り返ってみると、「なんだ、やればできるじゃん!」って感じです。

やる前は、1年って長いなあ、って思っていたんですよ。
一年続けることすら難しいとね。

でも、出来なくてもいいやって思って、始めてしまえ!とまあ、僕の場合はすーっと始めてしまったわけです。

このブログにも何度か書きましたけど、すーっと始めてしまう方が始めやすいし、始めてしまえば何とかなるのかなあ、と、今、改めて思います。

走りながら改良する

この400日間、色々と工夫もして来たし、改良も加えてきたし、走りながら考えているようなところがあって、それはきっとこの先も続くわけです。

結局、完璧なものが最初からできるわけではないし、続けていけば当然のことながら、少しずつ変化していくわけです。

400日も経てば、400日前の自分とは考えていることも違うし、状況も変化しているし、目指すところも買わているし、ずっと同じなんてことはあり得ない。

手探りで進んでいる感じも相変わらずだし、でも、それが人生だし、仕事だってそういうものだと思うのです。

未完成のまま歩いていくのが人生だし、ということは、全ての人は、常に迷い、悩みながら歩いていくものなのだと思います。

出来るかどうかわからない、でもやてみったい。
そう思うことがあったら、やってみたほうが良いなあと、改めて思います。

どこまで行けるかなんて、やってみなければわからない。
やる前に、どれくらい続けられるか、なんて考えてみたところで判るわけがないんだもの。

失敗したって構わない

始める前から自分には出来ないと決めつけてしまうのはもったいない。
別に失敗したからと言って、それでどうなうものでもないし。
失敗しても、チャレンジした自分を褒めてあげてればいいだけだし、それでもまたチャレンジしたくなったら、何度でもやってみればいいだけのことです。

失敗してはいけないとか、恥ずかしいとか、人からいろいろ言われるとか、そんな事どうでもいいじゃないですか。

自分で自分を守ることが出来ていれば失敗しても傷つかずに済むし、チャレンジし続けている人を応援する人は必ずいます。

だったら、やっぱりやいりたいことはやってみるのがいいと思います。

たかがブログを400日続けたくらいで偉そうに書きましたけど、きっと、どんなことでも同じなんだろうという気がするのです。

肩の力を抜いてやってみる

やってみたら出来ちゃうかもしれない。
出来なくても、それはそれでいいやと思えればいい。
その感覚があれば、やらないという選択肢はない。

あなたがやってみたいことは何ですか?
生きているうちに、元気なうちに、始めてみませんか?

出来ても出来なくてもいいじゃないですか。
たった一度の人生だもの、肩の力を抜いて、自由に生きていきましょう!