助けて欲しいと言いましょう

こんにちは!
カウンセラー整体師の渕脇です。

チームで戦う

私は高校時代にラグビーというスポーツをやっていました。
ラグビーというと、最近では2015年のワールドカップで、日本代表が南アフリカに勝つなどの活躍を見せ、また、2019年には、日本でワールドカップが開催されるなど、注目を集めています。
テレビでは、五郎丸選手が時の人として取り上げられ、とても話題になりました。

そのラグビーというスポーツの特徴は、何と言っても「チームプレー」という言葉に集約されると思います。

そのポジションによって、求められる役割がはっきりしていて、一人ひとりが与えられた役割をきっちりとこなし、チームとして戦うということが求められます。

野球にしてもサッカーにしても、個人技がクローズアップされるという側面があります。しかし、ラグビーにおいては、個人の力よりも、チームとしての力が試されます。

「みんなは一人のために、一人はみんなのために」という言葉はラグビーから生まれたものです。
トライを決めた選手が派手なパフォーマンスをしないのも、チーム全体で奪ったトライであるという気持ちの表れであると言われています。たまたま最後に自分にボールが回ってきただけだという気持ちです。

ポジションによっては、一試合に数回しかボールに触らない選手もいます。
しかし、それでも、その選手には重要な役割が与えられているのです。

会社も一つのチームである

サラリーマンの皆さんは、会社という一つのチームの中で働いています。
その中でそれぞれの役割を与えられ、チームとして戦っているのです。

戦うべき相手は、社内にいるのではなく、社外にいる。
顧客にいいサービスを届ける。
競合他社よりもより多く、より良い価値を生み出す。
そして、社会に対して貢献をする。

そのためのチームに所属しているのです。

もしあなたが、仕事上のトラブルを抱えてい困っているのであれば、その問題はチームとして解決しなけれはいけない問題です。
個人で解決できない問題をいつまでも抱え込んで、傷口が悪化することは避けなければいけません。
そのトラブルを抱え込んだままある日うつ病になってしまったら、チームとしての戦力ダウンは避けられません。
そうなる前に、チーム内で問題を共有して、チームとして解決する必要があります。

うつ病になってしまう人は、助けてほしいと言えない人です。

今でこそ、こんなふうに偉そうなことを書いている私ですが、私がうつ病になった時も、ぎりぎりまで助けてほしいと言えませんでした。
一度引き受けた仕事は、なんとしても自分で最後までやり遂げなければいけないと頑なに思い込んでいたのです。

今から考えれば、あそこまで追い込まれる前に、もっと早い段階で助けを求めていればよかったと思います。
そうすれば、チームが動いてくれたかもしれないと。

もし、苦しくて仕方がないのであれば、上司でも同僚でもいいので、その苦しさを訴えてほしいと思います。

まず声を出す。
そうしないと気付いてもらえません。

はたから見ていても、その人がどれくらい追い込まれているかというのは、わからないものです。
それは、その人の主観でしかないからです。

一人で悩まずに、まずは誰かに相談してみてください。

チームが頼れないときは

例えばプライベートでのトラブルのように、チームに頼れないような問題であれば、家族や友人に相談する、カウンセラーなどの専門家に相談することが大切です。

一人で抱え込んでいても、問題がこじれていく可能性があります。
抱え込まずに、誰かに相談することが大切です。

心理的な問題であれば、やはりカウンセラーがおススメです。
カウンセラーは、あなたの問題を客観的に聴く訓練を積んでいます。
カウンセラー本人の価値観をあなたに押し付ける心配はありません。
あなたが何を求め、何を望んでいるのかを整理して、それを一緒に考えてくれます。

カウンセリングというと、精神的におかしくなってから受けるものであるというイメージを持っているかもしれませんが、本来はそういうものではありません。

カウンセラーは、なにか悩み事があるときに一緒になって考えてくれる専門家です。
自分一人ではわかりにくい、自分自身を理解するお手伝いをするのです。

問題がこじれる前に相談することをお勧めします。

助けを求めよう

まずは苦しんでいることを誰かに相談してみましょう。

助けてくれ!と言ってもいいのです。
弱音を吐いてもいいのです。

自分から声をあげなければ、援助を受けることが出来ません。
援助を受けることが出来れば、あなたの抱える問題が解決するかもしれません。

人は本来、助け合って生きているものです
人間とはそういう動物なのです。

一人の力ではか弱い動物である人間が、この地球上でこれほどまで勢力を拡大できたのは、チームの力を知っているからです。

他者と協力してチームとして戦うのは、人類が生き残るために取り入れた戦略なのです。

一人はみんなのために、みんなは一人のために

あなたが助けてくれと声を出せば、手を差し伸べてくれる人は沢山います。
チームの力を信じましょう。

まずは助けを求める。
これ、とても大切なことです。