ランニングでうつ病予防

こんにちは!
カウンセラー整体師の渕脇です。

ランニングクラブを主宰しています

昨日は、新緑の季節らしいお天気で、雨上がりの澄んだ空気の中を気持ちよく走ってきました。

私が主宰する、あおぞらランニングクラブの練習会でした。
あおぞらランニングクラブは、2011年に私が作ったクラブです。
当時、私は、整体の専門学校で講師をしていました。

その当時の生徒さんの中で、走ってみたいという人を募ってランニングクラブを作ったのがきっかけでした。

そのうち、整体とは関係のない人たちが集まりだして、今でも一緒に走っています。

その後私は、整体の講師をやめてしまいましたが、あおぞらランニングクラブだけは残りました。

長く続けるつもりもなく始めたクラブですが、意外にも長続きしていますし、今年から毎月練習会を開くことにしましたので、新しいメンバーも増えてきています。

こういう趣味を中心にした集まりは本当に楽しいですね。
利害関係が無いのがとてもここち良いです。
こういう場所は大切にしていきたいと思います。

ランニングは気持ちいい

私は、引っ越しで腰を痛めて以来走っていたなかったので、昨日は本当に久しぶりのランニングになりました。

とは言っても、まだ少し、右の腰から右臀部に痛みがあるので、軽いジョギングをしながら体をほぐす程度の走りしかできませんでした。

あおぞらランニングクラブの活動場所は、東京都東大和市の多摩湖周回道路です。
基本的には、ここが拠点になっています。

もちろん、他の場所でも練習をすることがありますが、基本はここです。

多摩湖は、東京都の水道局が管理する貯水池です。
周辺は人の立ち入りが禁止され、木々が生い茂っています。

東京都とは思えないほど、自然が豊かな場のなのです。

気持ちのよいお天気の日に、きれいな景色の中をのんびり走るのは本当にいいもので、日頃の心配事などどこかに吹き飛んでしまいますね。

部屋の中に籠って考え事をしていると、気持ちも欝々としてきますが、外に出れば気分が晴れます。
さらにカラダを動かせば、気分もスッキリして、ストレス発散になります。

運動はうつ病に効果的

外に出て身体を動かせばスッキリするということは、もうとっくに私たちは経験的にわかっていることです。

しかし、こういうことも、アメリカでは積極的に研究されていて、運動がうつ病の予防や治療においても、かなり効果的であるという結果が出ています。

これらの研究結果によると、抗うつ薬と同等、あるいはそれ以上の恩恵を受けることが出来ることがわかっています。

ただ外を走るだけなら、お金もかかりませんし、副作用の心配もありません。
走り過ぎて膝が痛くなるかもしれませんが、走り方を練習すれば、痛みが出なくなってきます。

うつ病をはじめとする精神疾患の予防や治療に運動が良いことは証明されているのです。
この事実を、多くの日本人は知りません。


昨日の多摩湖の様子。
むちゃくちゃ綺麗でした!

ランニングを通してうつ病を予防したい

私は、このランニングクラブの活動が、精神疾患の予防に繋がったら嬉しいなあと思います。

趣味を介した仲間を作って、そのメンバーで気持ちよく走る。
それが、ココロもカラダも健康にしてくれる。

ランニングって、とても良い趣味だと思います。

これを読んでいるあなたも、私と一緒に走りませんか?

あおぞらランニングクラブは、本格的なサブスリーランナーから健康のためのファンラン派まで、それぞれのスタンスで楽しめるクラブです。
ぜひ、一緒に走りましょう!

次回の練習会は、5月21日(日)に開催します。
気になる方は、メッセージをくださいね~。