夏までにまだ間に合うダイエット

こんにちは!
カウンセラー整体師の渕脇です。

薄着の季節到来!

さて、そろそろ薄着の季節になってきました。
昨日も、夏を思わせるような陽気で、外にいると汗ばむくらいでしたね。

夏がどんどん近づいてくると、気になるのが自分の体型ですね。
冬の間は、上着に隠れていた、あんな所やこんなところが人目にさらされるき季節がやって来ます。

ダイエットと私

私は、今月で52歳になりますが、体重は高校時代と同じ体重です。
高校時代からずーっと変わらないというのであれば、そういう体質なのかと思いますが、そうではありません。

私は、小学生のころは肥満児で、どちらかと言えば太りやすい体質です。
事実、うつ病で自宅療養をしていた一年間で、なんと20kg以上も太ってしまって、一時期は85kgを超えていたのです。

その体重を、少しづつ減らしていって、49歳の時に4ヶ月で9kgの減量に成功して、高校時代の体重まで戻しました。

先日のブログにも少し書いたのですが、私が人間の身体に興味を持ったきっかけは、大学4年生の時に、ダイエットチャレンジしたことでした。

これをきっかけにしてトライアスロンにのめり込み、その延長上でトレーナーおよび整体師になったわけです。
トライアスロンをやっていた時は、ずっとウェイトコントロールをしていました。
体重が重くなると、最後のランニングが辛いからです。

そんな経緯があるものですから、ダイエットはわたしにとってはうつ予防と並んでとても大切なテーマなのです。

体型を変えるには価値観を変えることが必要

その人の体型は、その人の生活習慣の結果がそこに現れています。
もちろん、体質によって、太りやすい人、そうでない人というのはいます。
でも、よっぽどの特異体質でない限り、その人の生活が体型に現れます。

体型を変えるということは、生活習慣を変える事です。
生活習慣を変えるには、価値観を変える必要があります。

今のその習慣が心地よいという価値観があるから、そこから抜けられないのです。
テレビを見ながらポテチを食べるのが至福の時だと思っているからそうなってしまう。
お腹いっぱい苦しくなるまで食べるのが幸せだと思っているからついやってしまう。
甘いものは別腹だと思っているから、つい食べてしまう。

そういう価値観を持ったまま。腹八分にして、食後の甘いものを食べないようにして、ポテチを我慢して。。。
そう、ダイエットは我慢、我慢の連続であって、苦行である。。
と思っていると、それは辛い。
辛くて当たり前だし、それを何年も続けるのは難しい。

続けることが出来なくなった時、元の生活に戻った時、体型も元に戻ります。
いや、反動でもっと食べてしまうかもしれない。
そうなると、もっと太りやすくなってしまうのです。

腹八分は心地いい。
満腹は不快。
空腹を感じるのは幸せなこと。
軽い体は動きやすくて快適。

こういう価値観に変えることが出来れば、体型は自然と変わります。

頑張るダイエットは失敗します。
考え方を変え、いかにして無理なく快適な生活を手に入れるか。
そういう思考にならないとダメなんですね。

まだまだ間にあいます

私は、ダイエットの指導もしています。
これまで、4ヶ月で17kgの減量に成功した男性や、3ヶ月12kg減量に成功した女性もいます。
そして、その後、その体型をキープしています。

短期間でたくさん痩せるのが、必ずしも良いダイエットとは言えませんが、それくらいの結果が出ることもあります。

まだまだ、今からでも間に合います。
ダイエットに興味がある方、ご連絡ください。

カウンセリングを行いながら、自然とダイエットが出来るように指導します。

私のダイエットは、食べるものを制限しないダイエットです。
ポテチもケーキもお酒も、もちろん糖質も制限しない。
量が適正なら何を食べても大丈夫という考え方です。

また、その人の生活パターンに合わせた、無理のない方法を提案させていただきます。

とは言っても、生活習慣を変えるということは始めのうちは辛いですから、少しは頑張ってもらいますけどね。

一度、太らない価値観と生活習慣を手に入れてしまえば、今後ずっと、ダイエットの悩む必要はなくなります。

実際私も、49歳で今の体重になってからリバウンドはしていません。

今年の夏こそ、自信をもって過ごしたいですよね。