良い作物を収穫するには良い土が必要

昨日、大学受験に向かって頑張っている若い人が整体を受けに来ました。
そのお客様から、
「整体を受けた後はしばらくはいいんだけど、だんだん疲れてきて、集中力が持たなくなってしまう。」
という相談を受けました。

そこで、毎日どんな生活をしているのか?と聞いて見ました。

そうしたら、朝10時から夜9時まで、予備校の自習室で勉強しているとのこと。
しかも、土日も関係なく毎日。
それは、サラリーマンだったら残業100時間越えで、過労死レベルですよとお伝えしました。

そうなれば、疲れるのは当然だし、集中力が持たなくて当たり前ですよね。

私は、農業の経験は家庭菜園ぐらいしかありませんが、良い作物を作ろうと思えば、先ずは良い土(畑)を作るところから始めなければいけないことぐらいは解ります。
土の状態が悪いのに、いくら良い種をまいても良い作物を得ることは出来ないでしょう。

勉強において、この土(畑)に当たるのが、脳の状態です。
脳の状態がフレッシュでよい状態であれば、勉強もどんどん進みますが、この状態が悪ければ、いくら勉強しても頭には入りません。
まずは、脳の状態を良くしておくことを考えないと、勉強の成果を得ることは出来ないとお伝えしました。

脳に良いものを食べ、運動して血行を良くして、睡眠をしっかりとって脳を休め、たまには気分転換をしてリフレッシュする。
脳を良い状態に保ったうえで、勉強をすることが大切なのです。

これは、体全体にも言えることですよね。
身体が良い状態でないと、どんな仕事でもよい成果は得られない。
身体の状態を無視して仕事をしても、よい結果は得られないのです。

農業にたとえると、心身は畑です。
まずは良い畑を作ることが大切なのです。

8072b149bdd6b1a74cd5f845c9083b27_s