過去を切り離して飛んでいこう

人間、経験を積めば積むほど、
長い年月を生きれば生きるほど、
過去がどんどん膨らんで、大きくなっていきます。

過去をいつまでも引きずっていると、重くて前に進めなくなります。

一方で、経験を積めば、視野が広がります。
若いころにはなかった視点を持つことが出来るようになります。
若いころの判断を、途中で修正したくなることもあるでしょう。

そんな時、過去に引きずられていると、修正が困難になりますよね。
自分の過去を否定してしまっているようで、なかなか難しいのです。
私も、過去に引きずられて道を変更できずに、後に苦しい思いをした事があります。

過去は、ロケットの燃料タンクのようなものです。

ロケットは地球から離れるために、かなりのエネルギーを必要とします。
大きなエンジンと大量の燃料を積んで飛び立ちます。
しかし、ある高度まで達すると、もう大きなエンジンは必要なくなります。
そうすると、そのエンジンと燃料タンクを切り離して身軽になります。

少しイメージをしてください。
ロケットの一段目を切り離してさらに上昇していくイメージ。
切り離した一段目はあなたの過去なのです。

その過去があったからこそ、今のあなたがいる。
切り離してしまっても、過去が無駄になることはありません。
だって、今の自分を作ってきたのは、その過去の自分なのですから。

過去は過去です。
全部持っていくことは出来ないのです。
重荷になった過去は、捨ててしまってよいのです。

過去を引きずるよりも、なりたい自分に近づくことが大切なのです。

384182e2a156d34a26a54a13a1d1460e_s

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする