運動が苦手という方に読んでほしい

こんにちは。
カウンセラー整体師の渕脇です。

生活のリズムをつかもう

今朝、ウォーキングをしてきました。
とても気持ちがよかったです。

私は4月に引っ越しをしました。
18年ぶりに実家に戻ってきたのです。

子どもたちの転校や進学も重なって、この2か月はバタバタが続いていました。

さらに、引っ越しで腰痛を、今月に入ってから右ふくらはぎを痛めて、走ることはもちろん、ウォーキングすらできない日々が続いていました。

住む場所も変わったので、ランニングやウォーキングのコースを決めることもできずに、何となく生活のリズムがつかめずにいました。

ようやくここに来て、生活が落ち着いてきたので、ここからリズムを整えていきたいと思っています。

運動はストレス解消になる

先日のストレスマネジメント講座においても、ストレス解消には運動がよいということが話題になりました。

ある参加者がウォーキングをするとストレス解消になるような気がすると、ご自身の感想を述べてくれたのです。

そこで、運動は抗うつ薬と同等かそれ以上の効果があるという研究結果がありますよ、というお話をさせていただきました。

そうしたら、ほかの参加者から「運動が苦手な人は、それ自体がストレスになってしまいそうなのですが、どうすればよいですか?」という質問が出ました。

運動に対する劣等感

私は長年、整体師をやっているので、クライアントに運動を勧めることが多いのですが、「運動が嫌い」とか、「苦手」という方と話をする機会が沢山ありました。

そういう私の経験から言って、「運動が苦手」といっている人は、「運動に対する良い思い出がない」とか、「運動とは苦しいものである」という先入観があると思います。

運動が苦手だと思っている人は、子ども時代や学生時代に「体育」が苦手だった人が多いです。

「体育」や「運動会」では、運動神経がよい人が注目を浴びますが、逆に運動神経があまり良くない人は劣等感を持ってしまいます。

これはなぜかというと、その能力を他人と比べてしまうからです。

ところが、健康のため、自分のため、ストレス発散のための運動は他人と比較する必要はありません。
すべて自分のためであり、評価は必要ないからです。

苦しくなければ運動とは言えない?

また、「運動は苦しいものである。」と思っている人は、裏を返せば「苦しくなければ運動とは言えない。」と思い込んでいる可能性があります。

ですから、
「散歩」や「ストレッチ」程度では、運動したと言えないのではないか。
ゼエゼエ、ハアハアしなければいけない。
などと思い込んでいるのです。

こうしなければいけない。
という義務感があれば、それはストレス解消にはならないし、逆にストレスになってしまいます。

何事もそうですが、義務感でやってしまったら、それはストレスになってしまいます。

気持ち良さを味わう

運動するうえで大切なことは、「気持ちよさ」「爽快感」を味わうということです。
その感覚を味わうことができれば、もうそれ以上、頑張って運動する必要はありません。

気持ちよいいなあ、というところで運動するのをやめてしまっても良いのです。

運動自体に「気持ちよさ」を感じることができれば、「体にいいから」とか、「運動すると決めたから」という理屈での動機ではなくて、「すっきりするから」「気持ちがいいから」という、体が求めているという動機で運動をするようになります。

体が求めているという感覚を持てるようになれば、それは強力な動機になります。

頭で考えるより体で感じる

運動習慣もそうですが、健康的な生活習慣を身につける上で、気持ちよさを意識するということはとても大切です。

睡眠をしっかりとった時の気持ちよさとか、お酒が残っていない日の気持ちよさとか、痩せた時の体の軽さとか、胃腸の調子が良い日の快適さとか、そういう感覚を味わうことが大切なのです。

理屈よりも感覚のほうが、強烈な動機になります。
これは何よりも大切なことなのです。

健康的な生活はストイックなイメージを持つ、という方がいらっしゃいますが、私はそうは思っていないのです。

快適さを追及していくと、自然と健康的な生活になると思います。
だって、睡眠不足も、運動不足も、二日酔いも、食べすぎも、ぜーんぶ不快ですから。

そういう不快感をなるべく排除しようとすれば、健康的にならざるを得ない。
そんな風に思いませんか?

運動を習慣化してリフレッシュしよう

運動は他人と比較する必要はありません。
義務感でやることでもありません。

運動をすることで、血液が循環します。
脳に新鮮な血液が供給されれば、気分がよくなります。

運動しているときには、ネガティブなことを考えません。
最高の瞑想方法になります。

さらに、免疫力が向上します。
筋力も向上します。

いいことばっかりです。

さて、これをお読みのあなた。
朝の散歩からでもいいので、始めてみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする