先延ばしのデメリット

こんにちは!
カウンセラー整体師の渕脇です。

先延ばし癖を直したい

私には悪い癖がいくつかあるのですが、その一つに先延ばし癖があります。

何かを決断しなければいけないときに、つい「後で。。」と後回しにしてしまうのです。
要するに優柔不断なわけです。

自分では、「もうちょっとゆっくり考えてから決めよう。」と、慎重に事を進めようという気が働いているように思っていますが、果たしてそうなのでしょうか。
それは言い訳にしかすぎないように思います。

どうして、この先延ばし癖を改めたいと思っているかと言うと、忘れてしまうからです(苦笑

後でやろうと思ったことを忘れてしまうということが多くなってきたように思います。
私はすぐに忘れてしまうのです。

もしかしたら、歳のせいかもしれません。
若い頃からそうだったような気もします。
やらなければいけないことが増えてきたのかもしれません。

でも、最近、「あー!忘れてた!」というのが多いような気がするのです。

やらなければと思ったときに、さっさと終わらせておけば、そういう事にならないのになあ、と思うのです。

先延ばしの心理

どうして私は即決が出来ないのか。

それは多分、一度決めてしまうと、「修正が出来ない」と思うからです。
一度口に出したことを、後から修正するということに抵抗を感じるのです。
その心理が、しっかりと自分の中で腑に落ちるまで吟味してからでないと決められないと思うのです。

では、なぜ「修正できない」と思うのでしょうか。

一度口に出して約束をしたことを反故にすることはよくない事である、という教育を受けたからではないか。
また、修正する時の、ほかの人に迷惑をかけてしまうという申し訳ない気持ち。
そういう良くないことをするような人間と思われたくないとという気持ち。

さらに言うと。
たとえば、未知の世界に対する躊躇もあるでしょう。
初めての場所、初めてのメンバー、やったことがない事に対する不安。

もし、失敗したらどうしよう。
嫌な思いをしたらどうしよう。
そういう緊張感もあり、決断を先送りすることもあります。

さらには、「決断する」という行為はエネルギーを必要とします。
平たく言うとメンドクサイ。
ただ単に、そのメンドクサイことを避けているだけかもしれません。

そんな思いが交錯して、しっかりとよく考えてから決断をしたいという気持ちになるのだと思います。

先延ばしのデメリット

私が先延ばし癖を治したいと思うのは、先延ばしすることによるデメリットを感じているからです。

単純に決断するのメンドクサイからといって、先延ばしにしていてもいつかは決断しなければいけないのです。
そのメンドクサイことを引きずっているだけでは、単純に時間の無駄になってしまいます。
さっさと決断して、次に進んだほうが良いのです。

さらには、機会損失になる可能性があります。
チャンスを失うのです。
どんどん決めて、どんどん進んだほうが、チャンスをものにする可能性が高くなります。
早く声を上げたほうが良いに決まっています。
これは火を見るより明らかです。

それから、忘れてしまうという可能性を排除できます。
後で考えようと、後回しにした事のうち、忘れてしまうことがあるのも事実です。
そして、思い出した時には後の祭り。
「しまった!忘れてた!」と思っても、どうにもできません。
これも機会損失になりますよね。

時間の無駄遣い、エネルギーの無駄遣い、機会損失。
これは、かなり深刻なデメリットと言えるでしょう。

メリットとデメリット

もちろん、何事にもメリットとデメリットがあります。
即断即決のデメリットは、間違えた決定をしてしまうことにあります。

その間違えた決定が、とんでもないリスクを負うことになるのであれば、慎重に考えなければいけません。
時と場合によっては、慎重に考えなければいけない場合ももちろんあるのです。

しかし、多くの場合、後から修正可能です。
修正可能な場合は、どんどん決断していったほうが良いのです。
少々失敗してしまっても、先延ばしすることによって失われてしまうものに比べれば、その損失は大きくないでしょう。

また、失敗からも学ぶことは沢山あります。
失敗したから取って、失うものばかりではないのです。

その先延ばしが、ただ単にメンドクサイことから逃げているだけだとしたら、それはとてももったいないことだと思います。

ちょっとした違いが大きな差を生む

小さな決定をその場で下すのか、ついつい先延ばししてしまうのか。
その差は小さなことかもしれませんが、積み重ねれば大きな差を生むかもしれません。

これまで私は、そういう考え方をしてきませんでした。
でも、小さなことの積み重ねが大きな差を生むとしたら、やはり、その小さな差を詰めることを考えようと思います。

もちろん、すぐに出来ることではないかもしれませんが、常に心掛けることによって、そういう習慣が身についてくると思うのです。

先延ばしはしない。
どんどん片付けていく。

そういう人間に生まれ変わりたいですね。