今の日本に生まれたことに感謝

こんにちは!
カウンセラー整体師の渕脇です。

農村には人を癒す力がある

今日は8月14日。
私は今、妻の実家に来ています。

妻の実家は、長野県の北部に位置する木島平村にあります。
千曲川のほとりの農村で、何もないところですが、なぜかホッとします。
日本の原風景がここにあるような気がするからでしょうか。

都会はエネルギーに満ち溢れていて元気が出ますが、そればかりでやはり疲れてしまいます。
農村には人を癒す力があると思います。

日本のパワーを感じる

昨日、東京から車で移動したのですが、見事に渋滞に巻き込まれてしまいました。
所沢インターチェンジから関越自動車道に乗ったのですが、延々と車の列が続いていました。

そんな渋滞に巻き込まれながら思ったことがあります。
それは、まだまだ日本にはパワーがあるんだなあということ。

あれだけの数の車がこれだけの長い距離の高速道路を埋め尽くしているわけです。
それはもう、パワーとしか言いようがない。

ご存知の通り、今後日本は少子高齢化が進んで、人口が減少していきます。
何となく、日本人のパワーが、ポテンシャルが低下しているような印象を受けますが、現実的に自分の身の回りに目をやれば、まだまだ、パワーにあふれている。

ということは、チャンスにあふれているんだということを感じます。

この時代の日本に生まれたことに感謝

私は、この時代の日本という国に生まれて本当に恵まれていると思っています。

未来のことは解りませんが、おそらく、人類の有史以来、これほど恵まれている国はなかったのではないかと思います。

経済的にも豊かで(世界的にみて経済大国です)、治安もよく、70年以上にわたり戦争をせず、自然が豊かで、四季の移ろいを感じることが出来、食べ物も豊富でおいしい。
高度な教育を受ける機会が均等にあり、高度な医療も受けられる。

そして自由。
信教の自由、職業の自由、住居の自由が保障されている。

いろいろと、問題を指摘されてはいますが、セーフティーネットとしての生活保護制度をはじめ、社会保障も充実しています。

さらに、人々は勤勉で思いやりがあり穏やかです。

こんな国に生まれたのですから、その幸運を思いきり享受して、幸せに生きていくことを考えたほうが良い。

私はそんなことを考えています。

悪い面だけではなく良い面もちゃんと見る

もちろん、物事にはいろいろな側面があります。
日本という国のこととなると、いろいろな側面があると思うし、いろいろな意見があると思います。

改善したほうが良いところは沢山あるでしょう。
それはそれとして、きちんと取り組まなければいけないのですが、それと同じように、良い面もきちんと把握しておいたほうが良い。

そうして、その良さを味わい、それを与えてくれるすべてのものに感謝をする。
そういう事も大切なことだと思います。

この時期だからこそ

今はお盆期間中であり、明日は終戦記念日ですね。
この時期は、私たちのご先祖様のことや、日本の近代史を振り返る時期になります。

さらには、今の日本の置かれている状況や、これからの日本を考える時ですね。
そして、今のこの恵まれている状況に感謝をする時ではないでしょうか。

日本の原風景の中で、そんなことを考えている私です。

さて、あなたはどこでどのように過ごしていますか。
今の幸せに気が付いているでしょうか。

いま、幸せだという人も、苦しい状況に追い込まれているという人も、ちょっと肩の力を抜いて、いつもとは違う視点で今の状況を眺めてみてください。

何か違ったものが見えてくるかもしれませんよ。