傾聴力を身につける

こんにちは!
カウンセラー整体師の渕脇です。

昨日は、BBコンディショニングスクールを開催しました。

BBコンディショニングというのは、脳(Brain)と身体(Body)のコンディショニングという意味で、身体だけではなく脳の状態を良くすることで、ココロとカラダの健康を守り、仕事もプライベートも前向きに取り組むことが出来るようにしましょうというコンセプトです。

カラダもココロもトータルで健康になる

私は長年、整体師として働いてきましたので、どちらかどいうとカラダ(Body)に力点を置いていたと思います。

しかし、真の意味での健康を目指すなら、脳(Brain)のコンディショニングが必要であると思うようになりました。

そのため、脳のコンディションを調整する施術を試行錯誤の上、開発してきました。

さらに、脳のコンディションを考える時、どうしても、精神的ストレスの問題を避けて通ることが出来ないと思うようになりました。

精神的ストレスは、その人の考え方、もののとらえ方(Mind)の影響がとても大きく、ここを改善できなければ、精神的ストレスを軽減させるのは難しいとの思いから、カウンセリング技術を身につけるために、産業カウンセラーの資格を取りました。

カウンセリングの技術を学び、その技術を使ってクライアントの心理的な相談に乗るようになって、その威力、素晴らしさを実感するようになりました。

ココロとカラダは本当につながっているんだなあということを、実感する日々です。

両方にアプローチする人を増やしたい

ココロとカラダはつながっている。
そんなことは、今更声に出してわざわざ言うようなことでもないのかもしれないけれど、
両方の側面からきちんと対応できる施術者はそんなに多くはないと思います。

両方からアプローチ出来たほうが良いに決まっているのに、そういう人が少ないというのは、やっぱり問題だなあと思うのです。

ですから、そういう人を増やすのが目的のスクールを開いているのです。

このスクールは、今はまだ試験段階です。

試験段階なので、私が整体専門学校で講師をしていたころの卒業生数名に対して、講義を行っています。

昨日も、カウンセリングの実際や、傾聴のスキルについて実習を行いました。

傾聴はとても素晴らしいスキル

傾聴という言葉は、最近ではいろいろなところで聞くようになりました。
実際、このテクニックは、いろいろな場面で使えます。

私たちのような整体師をはじめとする療術に携わる人はもちろんですが、人と接する仕事をしている人には、ぜひとも身につけていただきたいと思います。

営業マンがお客様と話をするとき、一方的に話すだけでは、お客様の心をつかむことは出来ません。

上司が部下を指導する時にも、部下の話をよく聴くということが必要な場面もたくさんあります。

もちろん、学校の先生が生徒の話を聞く場合、家庭でも、パートナーや子供の話を聴くときにも、この技術はとても大切だと思います。

しかし、形だけの傾聴ではうまく行かない。
表面的な理解だけでは、なかなか効果を出すことは難しい。

どうして、何のためにそういう聴き方をしなければいけないのか、そこまで踏み込んで練習していく必要があります。

そういうきちんとした傾聴が出来る人が増えれば、もっと世の中がスムーズに動くような気がします。

一般募集も開始します

今は試験段階ですが、今後、生徒さんを一般募集する予定です。

整体を学びたい、カウンセリングも学びたい、多くの人を元気にしたいと思う方は、ぜひ、BBコンディショニングスクールに来てほしいと思います。

整体をはじめ、リラクゼーションサロンで働いている人や、柔道整復師さん、マッサージ師さんなど、療術業界で働いている人にはぜひ来てほしいと思います。

さらには、カウンセラーとして働いているけれど、カラダのほうからアプローチする方法を知りたい人にも来てほしい。

もちろん、どちらもわからないけれど、一から両方を勉強してみたい人にもおすすめです。
きちんと、一から学べるカリキュラムを準備いたします。

興味のある方は、ぜひ、ご連絡ください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする