あなたを苦しめる色眼鏡をはずそう

こんにちは!
カウンセラー整体師の渕脇です。

主観的世界観

人は、何かを見たり、聞いたり、経験したりすると、その事実と解釈を一緒に認識しています。
これはもう、無意識に行われていることなので、自分が同時にそれを行っているという感覚はありません。

これは、ある意味では、動物としての本能の領域にもつながる話なので、それが良いとか悪いとか、そういう話ではありません。

野生の中で生きていた時から、何かの兆候を察したときに、それがヤバイものなのか安全なものなのか、はたまたラッキーなものなのか、瞬時に判断することを要求される場面も多々あったわけです。
そうしないと、捕食者から身を守ったり、獲物を捕えたりすることが出来ないこともあったでしょう。
ですから、ほぼ同時に無意識のうちに判断するようになっているのです。

そして、その、ほぼ同時に無意識に行われる解釈をもとに、自分を取り巻く世界を認識しています。
それが、主観的な世界観を作り上げています。

その主観的な世界観は、その人にとっては真実であって、間違えた解釈をしていたとしても、それに気が付くことは容易ではないのです。

もう少し簡単に言うと、自分の色眼鏡を通して世界を見ているということです。
自分の色眼鏡がどんな眼鏡なのかということなど考えたこともない。
自分が色眼鏡をかけていることすら気が付いていない。

この色眼鏡は、「常識」とか「先入観」とか「価値観」とか「信念」とか「イデオロギー」とか、いろいろな言葉で表現できるものです。

この色眼鏡の存在に気が付いていないからこそ、主観的世界観が真実の世界の姿であると信じ込んでいるのです。

色眼鏡に気が付く

たとえば、

周りの目が気になる。
他人の評価が気になるという人がいます。

周りの目が気になるというのはすなわち、周りから批判されることが気になるということです。

こういう人には、自分は他人から批判されるような存在であり、周りの人たちはみんな自分を批判する人たちであるという世界観があります。
そういう色眼鏡をかけている訳です。
そして、その色眼鏡の存在に気が付いていないわけです。

ですから、少しでもおかしなことをすると、周りの批判の目にさらされるのではないだろうかという不安を抱いて生活しています。
それが、あたかも真実のように感じているわけです。

この場合、まずはその色眼鏡の存在に気が付かなければいけません。
ところが、この色眼鏡、いつどこでかけたものなのか覚えていないために、その存在になかなか気が付かないのです。

まずはそこに気が付くことが大切なのです。

色眼鏡をはずす

色眼鏡の存在に気が付いたら、後はそれをはずすだけです。
色眼鏡の存在に気が付いた瞬間に、すっと外れるケースもあれば、解っているのに中々外せないという場合もあります。

それは自分の持って生まれた性分だから、なかなか変われないと思っていると、この眼鏡を外すのが難しくなります。

いや、こんなのスッと外せるよ、って思っていると、意外と簡単に外せます。
それもまた、色眼鏡なんですね。

このように、わたしたちは沢山の色眼鏡をかけているのです。

一つの色眼鏡をはずすことが出来るようになると、ほかの色眼鏡も比較的簡単にはずせるようになって来ます。

客観的にものを見る

色眼鏡を通した世界は主観的な世界。
色眼鏡をはずして物を見るということは、客観的に世界を見るということです。

客観的に自分を見て、客観的に世界を見る。
そういう癖を付けて行けば、色眼鏡の存在を意識することが出来るようになります。

色眼鏡を意識することが出来れば、色眼鏡は自分の「解釈」とか「意見」とか「評価」とか「好み」であると認識できるようになります。

さらに、自分をわざわざ苦しめているような色眼鏡をはずすことが出来るようになり、生きるのがとても楽になります。

苦しい色眼鏡のせいで、マイナスのエネルギーと時間を使うことが無くなりますので、当然のことながら、生産性の高い、ワクワクした人生を生きることが出来るようになります。

また、自分とは違う視点(色眼鏡)を持つ人が目の前に現れたとしても、それは相手の個性(意見)として尊重することが出来るようになります。

こう考えると、色眼鏡を意識することって、とても大切だということが分かりますよね。

色眼鏡をはずそう!

生きづらさを感じている人の多くは、自分を苦しめる色眼鏡をかけていることが多いです。
そのことに気が付くだけで、かなり楽になることが出来ます。

ただ、これに気がつくのが難しい。

自分一人で気が付くのが難しければ、カウンセリングを受けてみてください。

カウンセラーは、色眼鏡をはずすことが出来る人です。
そして、あなたがどんな色眼鏡をかけているのかを、あなたと一緒に探っていくお手伝いをしてくれる人です。

そして、さらには、その色眼鏡をはずすお手伝いもしてくれます。

自分一人ではできなかったことが、カウンセラーと一緒にやる事で、出来るようになるのです。

周りの状況が変わらなくても、色眼鏡をはずすことで、まるで世界が変わったかのように見えるようになります。

いま、あなたはどんな色眼鏡をかけているのでしょうか。
その色眼鏡によって、苦しんでいるのではないですか。

そんな苦しい色眼鏡、外してしまって楽になりましょう!