うつ病に救われた

こんにちは!
BBトレーナーの渕脇です。

私は、過去、うつ病になりました。
もう、かれこれ、20年近く前の話になります。

今から振り返ってみると、うつ病になったおかげで、人生を大きく転換することが出来たし、いろいろな学びを得ることが出来ました。
今では、うつ病になったことを感謝しています。

キラキラとした時間を失った

しかし、当時は苦しかったし、低迷していた約10年は、期間は失われた時間だったように思います。
この期間は、とにかく自分の中にエネルギーが枯渇していました。
無理をせずに、省エネで生きていく。
そういう生き方しかできなかったのです。

30代という、本来ならば最も充実しているはずの時期を、キラキラとした気分で過ごせなかったのは、もったいないような気もします。

その分を取り戻すように、今のこの50代を過ごそうとしています。

出来ることならば、うつ病になることなく、キラキラとした時間を過ごしながら、いろいろなことを経験したり、学んだりしたほうが良いに決まっています。

今、苦しい思いをしている、そういう人には、うつ病になる前に、そのことに気が付いてほしいと思うのです。

自分と正面から向き合う

うつ病になる前の私は、自分の人生と正面から向き合っていなかったように思います。
自分としっかりと対話をしていなかった。

いったい自分はどんな人生を歩きたいのか。
そこを、まじめに考えていなかった。
そんな風に思います。

一度きりの人生ですから、やりたいようにやればいいのに、一度きりの人生だから、失敗はしたくないと考えていたのです。

失敗したくないから、安全な道を行く。
辛い思いをしたくないから、安易な道を行く。
親と衝突したくないから、親が納得する道を行く。

やりたいようにやろうとすると、いろいろな障壁が出てきます。
その障壁を避けるための道を探って、面白くない人生を歩いていたのです。

障壁を避けていたつもりなのに、そのおかげで袋小路に追い込まれた感じです。

うつ病のおかげで開き直れた

本来ならば、うつ病になどなる前に、自分から抜け出せればよかったのですが、それが出来なかったために、うつ病になりました。

むしろ、うつ病がそこから抜け出すエネルギーを与えてくれたのかもしれません。
うつ病になったおかげで、開き直ることが出来たような気がします。

その袋小路を出てからは、私は自由になりました。
本当に楽になったのです。
開き直って、自分のやりたいようにやれるようになったからです。
うつ病は、私の背中を押してくれたのです。

この経験を役に立てたい

今、苦しい思いをしている方。
その苦しさは、あなたの心の叫び声です。
その声に、耳を傾けてください。
いま、人生があなたの背中を押しているのです。

どうしてそんなに苦しいのか。
いったい何を欲しているのか。
どうなりたいと思っているのか。

1人で考えていてもわからないときには、
このブログにコメントをお寄せください。
メッセージでも構いません。
私の整体院に来てください。
何かお力になれるかもしれません。

私は、人生の袋小路から、うつ病に助け出されたのです。
この経験を活かして、多くの人のお役に立ちたいと思います。