ブログ生活600日

こんにちは!
BBトレーナーの渕脇です。

節目の日は嬉しい

今日で、このブログを書き始めてから600日です。
こうやって節目の日を迎えると、感慨深いですし、うれしいですね。

この嬉しさがあるからやめられない。
そんな気になります。

すでに毎日の習慣となっていますので、書き始めたころに比べると、ブログを一本書くという行為は辛くなくなっています。
それが日常なので、特別な感じはしないです。

毎朝パソコンに向かって、ブログを書く時間は、私にとって自分と向き合う大切な時間になっています。

とはいうものの、ネタを思いつかない日もあります。
文章がうまく書けない日もあります。
二日酔いの日もあります。
もっと寝ていたいと思う日もあります。

それでも、完璧を求めずに、その時に頭に浮かんだことをブログに書き続けてきました。

完璧を求めない

完璧を求めていたら、毎日、毎朝ブログを書き続けるというのは不可能でしょう。

今日の記事はうまく書けなかった。
ちょっと手抜きをしてしまった。

そんな日もあります。

でも、不思議なことに、こちらは手抜きをして、いい加減な気持ちで書いた記事の反応が良かったり、気合を入れて思い入れたっぷりで書いた記事が、あまりよくなかったりすることもしばしばです。

完璧かどうかというのは、単なる自己満足でしかすぎないのです。
書き手が自己満足しているかどうかなんて、読む人には関係のない話なのです。

読む人によって、響くところが違うのです。
完璧を目指すよりも、量産するほうが大事。
そういう考え方もまた、あってもいいのかもしれません。

習慣化のコツ

ブログを毎日書くと決心して、まず考えたとことは、書く時間を確保すること。

私はそれまでも、ブログを書いていました。
そのブログは、時間があれば書く、というスタイルでした。

私は、整体師という仕事をしています。
お客さんの予約状況によっては、ぽっかりと時間が空くことがあります。
以前は、そういう隙間時間にブログを書いていたのです。

しかし、こういう書き方では、毎日書くことは不可能です。
朝から晩まで、お客さんが途切れないという日があるからです。

まとまった量の文章を書こうとすると、まとまった時間が必要なのです。
Twitterのように、140文字であれば、隙間時間につぶやくことは可能です。

でも、このブログのように、1000文字以上ということになると、やはり1時間近くかかってしまいます。

一時間という時間は、意識的に取る必要があるのです。

時間を確保することが出来たら、あとは意地ですね。
意地でも続ける。
仕事だと思って続ける。
そういう覚悟が必要です。

そう決めたら、完璧でなくてもとにかく書く。
なんでもいいから何か書く。

そんな気持ちで書いてきました。

反応があると励みになります

最近、いろいろなところで、ブログ読んでますよ、と言われることが増えてきました。
やはり、反応があるとうれしいですね。

それがまた、書き続けるモチベーションになります。

これからも、完璧を求めず、思いついたいことを書いていきたいと思います。
あまり気負わず、続けられるところまで続けます。

私は、何かあったら中断してもいいのではないかと思いながら、書き続けています。
重い病気にかかるかもしれないし、身内に不幸があるかもしれません。

そんな時には、たぶん更新できないでしょう。
それでもいいと思っています。

途切れてもいいから、発信し続けること。
これが大事かなあと思います。

肩の力を抜いて、完璧を求めず、つらつらと書いていきますので、今後ともお付き合いください。