将来の大きな価値を取りに行こう

こんにちは!
B Bトレーナーの渕脇です。

昨日のブログ記事「重要なことに時間を使おう」で、時間管理のマトリクスの話をしました。
そこでは、重要だけれども緊急ではないことに時間をかけるのが良いと述べました。

目の前の小さな価値

人は、緊急性がないと、なかなか行動に移せないものです。
それよりも、目の前の誘惑に負けてしまいます。

目の前の小さな幸せの方が、将来の大きな幸せよりも価値があると感じてしまうからです。

例えば、目の前のチョコレートケーキの方が、将来の健康よりも価値があると感じてしまうのです。

将来の健康は実感できないのに対して、目の前のチョコレートケーキはとてもリアルなのです。
人は実感できないことよりも、目の前にあるりリアルな幸せを選択する傾向にあるのです。

つまらないテレビをつい見てしまったり、ネットサーフィンに時間をつぶしたり、お酒を飲んで夜更かしをして、睡眠をおろそかにしてしまうのも、同じ理由です。

第二領域は、緊急性がないので、その重要性を感じる事ができないために、行動に移す事ができないのです。

実感してからでは遅いということもある

一度大きな病気にかかれば、健康の大切さを実感します。
もちろん、それから気を付ければ良いと思うかもしれませんが、この代償が少なくない場合もあります。
一度発症してしまうと、取り返しのつかないような結果になる、そういう病気も少なくありません。
そうなる前に、手を打っておいた方が良いに決まってますよね。

昨日のブログにも書きましたが、緊急性のある事柄ばかりに追われていると、自分のペースで動く事ができなくなります。

全て周りに合わせて動かなければいけない状況になります。
そうなると、ストレスがたまります。
それが続くと、メンタルをやられてしまいます。

そうならないためにも、日頃から第二領域を意識して、自分のペースで動ける環境を作っておく事が大切なのです。

経験があるからこそ

私は過去、うつ病を経験しました。
ですから、うつ病の辛さはよくわかりますし、それを克服するのがとても難しいことも分かっています。

私は、あの様な辛い思いをする人を減らしたいし、なかなか克服出来ずに困っている人の力になりたいと思っています。

経験したからこそ、その感覚がわかる。
そういうことってあると思います。

人々の健康に携わる仕事をしてきているので、第二領域を大切にする、という部分に深く共感していますし、逆にその難しさもわかります。

難しいから、常に意識をしておく必要があるのです。

うつ病は辛いです。
ならないで済むなら、それに越したことはない。

そのことを解ってもらい、予防を意識する人を増やしていきたいですね。

将来の大きな幸せを取りに行こう

私たちは、目の前の小さな幸せに目を奪われがちです。
そのことで、将来の大きな幸せを犠牲にしているのです。

そのことを理解したうえで、ちょっと立ち止まって考えてほしいのです。

目の前の小さな幸せのために、将来の大きな幸せを逃してもいいのかと。

それは、常に意識をするようにしなければいけないのです。
そうじゃないと忘れちゃうわけです。
ですから、一日に一回で良いから、そのことを思い出す時間を作ってほしいのです。

自分にとって第二領域に入るもの、緊急性はないけれど重要なものは何か。
私も、これから意識をしていこうと思います。
そうして、将来の大きな幸せを取りに行こうと思います。