成功するチームには安心感がある

こんにちは!
BBトレーナーの渕脇です。

チームの雰囲気

 働く人たちのメンタル疾患が増えています。

カウンセラーの資格を取り、カウンセラーの研修会に出席するようになって、その現状を肌で感じるようになりました。

また、私の整体院にやってくるクライアントの話や、社会人の勉強会、交流会に参加して、いろいろな人の話を聴くにつれ、働く人たちのメンタル疾患は非常に多いということが気になっています。

多くの場合、仕事はチームで行うチーム戦です。
チーム内の空気、雰囲気は、チーム員のメンタルに大きな影響を与えるばかりではなく、そのチーム力、そのチームが上げる成果にも左右することが分かっています。

Googleの結論

世界的に成果を上げている有名企業であるGoogle。

インターネットを使っている人で、この企業の名前を知らない人はいないでしょう。

Googleは長年にわたり、生産性の高いチームに共通する特性は何なのか、という研究テーマに取り組んできました。

社内の180チームを対象に様々な角度から分析をした結果、成功するチームが持つ5つの重要な特性を以下のようにまとめています。

1、信頼性
2、構造と透明性
3、意味
4、影響
5、心理的安全性

出典:「Googleが発見した、最も成功しているチームに共通する5つの特性」lifehacker

このlifehackerの記事によると、1~4は以下の通り。

1. 信頼性
チームメンバーは、基準をクリアする品質の仕事を、決められた時間内に終わらせることができる。
2. 構造と透明性
チームメンバーは、明確な役割、計画、目標を持っている。
3. 意味
チームメンバーは、仕事に個人的な意義を感じている。
4. 影響
チームメンバーは、自分たちの仕事には大きな意味があり、社会全体の利益にプラスの影響を与えると信じている。

ここまでは、これまでもよく言われて来たことですので、理解しやすいと思いますが、私自身は、5番目の心理的安全性というものに着目したいと思います。

心理的安全性

心理的安全性とは、自分の意見や疑問、自分が直面している問題を、チーム内で共有出来る、悩み事を打ち明けても良いという安心感、雰囲気がある。ということです。

よく言われていることですが、チームで仕事をする場合、「報告、連絡、相談」いわゆるホウレンソウが大事です。

しかし、困ったことが起きて相談したら、「そんなことも出来ないのか。」と言われたり、トラブルを報告したら叱責されたりしたらどうでしょうか。
頭ごなしに命令をされたり、自由に動けない空気があったらどうでしょうか。
自分の行動を逐一監視され、批判されたらどうでしょうか。

メンバーは委縮して、自分の実力を存分に発揮できなくなってしまいます。

もちろん、メンバーが前出した1から4までを満たしているということが前提ではありますが、メンバーに安心して働ける環境を提供することもまた、チームの業績を上げる要因となります。

環境作りはリーダーの仕事

このような職場の空気を作ることが出来るかどうかは、経営者やチームリーダーの役割です。
心理的安全性のある職場では、業績がアップするだけではなく、メンタル疾患は起こりにくいと考えられます。
メンバーが安心して仕事ができる環境にあるのですから、それは当然ですよね。

メンタル疾患の予防、メンバーのコンディショニングに力を入れるということは、ただ単にメンタル疾患を防ぎ、その損失を抑えるだけではなく、業績を上げることにつながるということを裏付けているのです。

企業としては、メンバーに対して、メンバーのことを大切に考えているというメッセージを、様々な方法を用いて示すことが必要です。

BBトレーナーの活用

その一つの方法として、コンディショニングの専門家であるトレーナーを配置することを検討してはどうでしょうか。

私は、ビジネスの現場にもトレーナーが必要だと考えています。
それは、身体的な側面だけではなく、メンタルの側面においても必要です。

また、ココロとカラダは切っても切り離せない関係であるために、一人のトレーナーがココロもカラダも含めた、総合的な視点からアドバイスが出来る人物であったならば、それが理想であると考えています。

そのためのBBトレーナーであり、BBトレーナーを育成して、ビジネスの現場に送り出すことによって、職場の心理的安全性を上げることに貢献することが出来ると思っています。

人口減少社会である日本です。
市場はどんどん縮小し、労働人口も減ってきます。

優秀な人材を確保できる企業が生き残っていくのは明らかです。

そのためにも、BBトレーナーの活用を検討していただきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする