うつ病は成長するチャンス

こんにちは!
B Bトレーナーの渕脇です。

狭い世界しか見えていない

私たちは、自分の経験を基にして、世の中を見たり、人生を解釈したりします。

自分が経験したこと、自分が教わったこと、自分が感じたこと。
特に、まだ小さな子どもだったころの経験がベースになっていることが多いのです。

自分という一個人、しかも、まだまだ未熟だった子どもの頃の経験をもとに、世の中を見る目を作り上げてしまったのです。
それはとても狭い世界観なのです。

にもかかわらず、別の経験、別の教育、べつの解釈をした人は、違う景色を見ている、という事を想像する人は多くはありません。

成長とは変容すること

自分と同じ経験をして、自分と同じ考え方をしている人は、誰一人としていないはずなのに、自分が見ている世界こそが真の世界であって、違う景色を見ている人がいるということすら意識に登らない。

まず、自分とは違う世界を見ている人がいる、という事実を受け入れて下さい。
それを受け入れることから、自分の変容が始まります。

自分とは違う世界観に触れた時に、頑なにそれを拒否していたのでは、変容は起こらない。
変容が起こらなければ、成長はありえない。
なぜなら、成長するということは、自分が知らないことを受け入れて、自分が変容していくことだからです。

うつ病を克服するには

もし、あなたがうつ病になったとします。
なぜうつ病になったのかといえば、今のあなたの世界観では、あなたが辛いからです。
うつ病から立ち直り、再び自分の足で歩き出すには、変容を受け入れることが不可欠です。
すなわち、成長するしかないのです。

頑なにに、それまでの価値観にしがみついていたのでは、再発を免れることはないでしょう。

うつ病は再発率が高いと言われています。
再発する理由は、自分が変容できていないからです。
価値観を変えることが出来ていないからです。
そこを変えることが出来なければ、同じ状況になれば、同じ状態になるのです。

柔軟な思考を手に入れるために

では、どうすれば、自分の価値観を変えていくことが出来るでしょうか。

まずは、いろいろな経験を積むことです。
いろいろなことにチャレンジをして、自分の知らない世界を知る事です。

さらに、自分とは違う価値観を持つ人の話を聴くこと。
その時に、自分の価値観でその人のことを批評しないこと。
ジャッジをせずに、素直に聞くことが大切です。

さらには、ドラマ、映画、小説、漫画の登場人物に思いをはせること。
その登場人物がどんな世界観を持っているかを想像するのです。

違う視点を想像する。
立場を変えてみる。

そういうことを繰り返すことで、柔軟な視点、思考を手に入れる。
それこそが成長と言うのではないでしょうか。

産みの苦しみ

言い換えれば、うつ病は成長するチャンスです。
その苦しさをエネルギーにかえて、ひとつ大きくなるチャンスなのです。

今、苦しい思いをしている方。
あなたは、新しい自分を生み出そうとしているのです。
今の苦しみは、産みの苦しみです。

今は苦しいかもしれない。
でも、この苦しみがあるからこそ、生まれ変わることが出来るのです。

苦しみから逃れるために、柔軟な視点を持つようにしてください。