幸せのパラドックス

こんにちは!
BBトレーナーの渕脇です。

昨日、東京では木枯らし一番が吹いたとのことで、グッと気温が下がりましたね。
冬がやってきたなあという感じです。

気が付けば10月最後の日。
明日から11月で、今年も残すところあと2か月ですから、時の経つのは早いものですね。

私は100歳まで生きるつもりでいるので、あと48年あるんですけど、このままだと48年くらい、あっという間に終わってしまいそうです。
あらためて、時間は大切にしなくちゃいけないなあ、と思います。

脳みそが刺激された10月

個人的な話ですけど、今月はいろいろなことが起こりましてね、脳みそがやたらと刺激されました。

今月は、電子書籍を出そう、というプロジェクトが進行中でして、その原稿を書きながら、自分の頭の中にある考えとか、これまでの経験を棚卸をしていたんですね。
それで、結構自分の頭の中をかき混ぜていたんです。

それが一段落したところで、友人の安斎輝夫さんが主宰するサードプレイスラボに、先月参加したときにお会いした方に紹介されて、勝間和代さんが主宰する勝間塾というコミュニティのオフ会に参加させてもらいました。

そこでお会いした方々がまた、なかなかの個性的かつ前向きな方々でかなりの衝撃を受け、さらに、毎朝届く、勝間和代さんからのメールにも脳みそをいい具合に刺激されまくっています。知らない人たちの中に入って行って、知らないことを学ぶということは、とても刺激になりますね。脳みそがすごい勢いで動いているのを感じられます。

そのうえ、今月のサードプレイスラボでは、小林一行さんにお会いしました。
小林一行さんの、これまでの紆余曲折のお話を聴かせていただいて、これまた大いに刺激を受けました。

そして、このブログに何度も書きましたけれど、本田晃一さんの著書との出会い、竹田和平さん与えるマインドに触れたこと。
ブログ記事「満たされるってこういうことなんだ」
これが一番衝撃的でした。

こんな人になりたい

そして、昨日、こんな記事を見つけました。
「金がないなら稼げ」元ヒモのマッドサイエンティスト農家が語る人類改造計画

記事のタイトルはちょっとあれですけど、
ここで登場する山澤清さんにも、与えるマインドを見て取ることが出来ます。

詳しいことは記事を読んでほしいと思いますけど、結局、本当に大切なものを伝えたいという思いにあふれている。
そして、そこには奪うマインドがない。

それは、以下の言葉に象徴されています。

「精神的欲望とよ、肉体的欲望しかないな人間は。みんなプライドが高すぎるのよ。自分はないもんと思って生きればええの」

自分がどう思われたいとか、嫌われたくないとか、そういう感覚はないんだということが感じられます。
基本的には、与えるマインドですよね。

本当にいいものを作って、それを食べた人が健康になってくれればいい。
それが彼の原動力になっている。

この自然体の感じといい、ひょうひょうとした人柄といい、ちょっと下ネタも入ってきていい感じにユーモラスなところといい、こんなオジサンになりたいと思ってしまいました。

奪うマインドが自分を苦しめる

うつ病患者として、自分の事をあれやこれやと考えてきた者として、また、カウンセラーとして、悩める人たちの話をたくさん聞いてきた者として言えることは、悩める人は承認欲求が強すぎるんだと思います。

自分のことを認めたもらいたい、受け入れてほしい、褒めてほしい、すごいと言って欲しい、嫌われたくない、批判されたくない、馬鹿にされたくない、見捨てられたくない。
それは、奪うマインドなんだと思います。

これはきっと、子どもの頃にしっかりと受け止めてもらったという実感がないからだと思います。
だから、いつまでたっても、その欲求が満たされない。
周りから、お前はお前のままでいい。と承認された記憶がない。
それが満たされていないから、どんどん求めてしまう。

そして、それが苦しさの原因になっている。

幸せってパラドックス的だと思う

自分の事はどうでもいいから、誰かのために生きる。
そして、誰かが幸せになる事が、自分の幸せ。

そういう感覚になれた時に、きっと、自分が幸せになれるんだろうな。
そんな風に思うんですよね。

ちょっと、パラドックス的な感じですけどね。

商売も一緒で、自分だけが儲けることを考えていると儲からない。
みんながいい思いをすることを考えると、その結果、自分も儲かる。

松下幸之助さんが、「利益は、社会貢献をしたご褒美」というようなことを言っていますよね。
その感覚に通じるような気がします。

効率だとか、利益だとか、際限のない欲望とか、そういうものが自然を壊し、人間関係を壊し、自分を不幸にする。

自然を愛し、人を愛し、他人のために働くことが、結局は自分を幸せにする。

あー、そうなんだあ、そういう事なんだ。
うんうん。
そういう感覚が、ようやくスッと腑に落ちた感じがします。

自分の事を勘定に入れないで生きて行こう。
今の気分はそんな感じです。

だって、それが楽だから。
ただそれだけのことです。

今日の記事は、人の名前が沢山出てきたな。
リンクもいっぱいで、読むのも大変です(笑