ダイエットは私のライフワーク

私は現在50歳ですが、体重65kgで、これは高校時代と同じ体重です。
私が体質的に太らないというわけではありませんし、高校時代からずっとこの体重をキープしているわけでもありません。

もともと太りやすい体質の私は、小学生時代は肥満児でした。
運動神経も良くないうえに太っていた私は、短距離走ではクラスで最下位争いをしていたほどです。

中学時代はサッカー部に入部し、成長期で身長が伸びたために、肥満を解消できました。

高校時代はラグビー部に所属していました。
フォワードだった私は、もっと体重がほしいと思いながら、今度は太ることが出来ずにいました。
その時の体重が65kgだったのです。

大学に入って、テニス部に所属しました。
このテニス部はサークルに毛が生えたような緩いクラブだったために、体重が少しずつ増えて、4年の時には72kgまで増えていました。
4年生の時、旅行先でテニスをしていて足を捻挫してしまいました。

これは体重が増えたから捻挫をしたんだ。
そう思った私は、人生で初めてダイエットを決意しました。

足を捻挫していて走れなかった私は、ちょうど夏だったこともあって、大学のプールで毎日泳ぎました。
あわせて、晩ご飯を「こんにゃくそうめん」という、しらたきよりも細長いこんにゃくをそうめんのように食べるという食事制限を行いました。

この結果、体重は4ヶ月で7kg落ち(65kgになりました)、クロールで1km泳ぐことが出来るようになりました。

これをきっかけに、以前から興味を持っていたトライアスロンにチャレンジすることになりました。
トライアスロンをやっている間は、常にウェイトコントロールをして65kgをキープしていました。
体重が重くなると、最後のランニングパートがきついからです。

社会人になってしばらくすると、仕事が忙しくなったことと、人生に悩んだことでうつ病にかかってしまいます。
これをきっかけに全く運動をしなくなり、会社も辞めて引きこもった結果、20kgも太って85kgを超えてしまいました。
それが30代前半の事です。

会社を辞めた私は、一年間の休養の後、うつ病が完治しないまま整体の学校へ通い、修行をして、整体院を開業しました。
開業後一年半後(40歳)の時に、人生2度目のダイエットにチャレンジしました。
この時は、ウォーキングと3食とも均等に食べる量を減らすという方法で、10ヶ月で8kgの減量に成功しました。

その後、46歳の時にランニングを始めました。
走り始めた時の体重は77kg。走っていればやせるだろうと3年間走りましたが、3kgしか落ちませんでした。

やはり運動だけで痩せるのは難しいと判断して、ちょうど一年前、3度目のダイエットを行いました。
この時は、スマホアプリを使ってカロリー計算をすることで、4ヶ月で9kgのダイエットに成功したのです。

このような経過をたどり、現在は高校時代と同じ65kgをキープしているというわけです。

6a3f0586976372ee0ac3e1dc3b74b28c_s

私のこの経験を生かして、今はダイエットの指導も行っています。
昨日も、ダイエットセミナーを開催しました。

いまは、ダイエットに関する情報が氾濫していて、どれが良い方法なのか困っている方も多いと思います。
そういう方のご相談に乗ることで、お力になりたいと思っています。

私はこれまで、ダイエットにお金を使ったことがありません。
ダイエット食品を買ったこともなければ、エステに行ったことも、ダイエット器具を買ったこともありません。

ダイエットは食事制限が基本です。
摂取カロリーを減らすだけですから、お金がかかるはずがないのです。
何十万円もダイエットにつぎ込んでも、リバウンドしてしまえばそのお金は無駄になります。
ダイエットに無駄なお金を使ってほしくないのです。

ダイエットに無駄なお金を使う人を減らすために、これからもどんどん情報を発信していきたいと思います。