カラダがゆるむとココロもゆるむ

こんにちは!
BBトレーナーの渕脇です。

私は、もうかれこれ18年近く整体と関わってきました。
そして、延べ人数でいえば一万人以上の方々に、整体をしてきました。

その経験の中で、「カラダがゆるむとココロもゆるむ」ということを実感しています。

多くの人が、ココロとカラダがリンクしているということは、実感としてあると思うのです。
整体師として、沢山の人のカラダをゆるめてきた経験から、そのは間違いのない真実であると確信しています。

無意識のうちに力が入っている

悩み事がある。
強いストレスを感じている。

そういう人は、気が付かないうちにカラダに力が入ってしまいます。
無意識に力を入れてしまうので、本人にその認識がない事が多いですね。

力を抜いてくださいと言っても、力を入れている自覚がないので、抜き方がわからないという方が多いです。

こうなると、自分で力を抜くのは難しくなります。

気持ちいい施術がポイント

「整体」と聞くと、バキバキと関節を鳴らすような激しい施術を思い浮かべる方が少なくありません。
そして、痛いのではないか、と思ってしまうのです。

確かに、世の中には、痛みを伴う施術をするところが少なくありません。
「痛いくらいの施術の方が効果が出る。」という意見を持っている施術家が沢山いることも事実です。
彼らには彼らの理論があるので、それを否定するつもりはありません。

ただ、私個人の意見としては、とくにココロが凝り固まっている人には、「気持ちいい」という感覚を味わうことはとても大切だと考えています。

気持ちよさを味わうことで、心身ともにリラックスしてゆるんでいくのです。

ずっと気持ちのいい施術を追及してきた

私は、サラリーマン時代に初めて受けたプロの施術に感動しました。
それまでは、私も、施術は痛いものだ、というイメージがありましたので、どれくらい痛いんだろうかと覚悟して行ったのです。

ところが、その方の施術は予想に反してまったく痛くなかったのです。
痛くないのに、カラダがどんどんゆるんでいって、血液が体中を駆け巡っているのがわかりました。
そして、終わった後にはカラダが緩みすぎで、しばらくは歩けないような状態。
文字通り、骨抜きにされた感じでした。

私の中では、あの時のあの感覚が、理想的な施術だと思っています。

整体の専門学校に通っているときからずっと、そういう施術を目指してきたのです。

そういう施術だからこそ、凝り固まったココロもゆるめることが出来るのです。

気持ちいい感覚を大切にする

私のカウンセリングの師匠は、「うつ病は感覚疲労だから、気持ちいいと”感じる”ことが大切」とよく言っています。

私も、クライアントさんには、「自分が気持ちいいと感じることを、積極的に自分のためにやってあげてください。」とアドバイスします。

そうアドバイスをすると、精神的に辛い状況の方ほど、「そんなこと考えたことがなかった。私の気持ちいい事って何だろう?」と思うようです。

整体だけではなくても、なんでもいいのです。

お風呂でゆっくり温まること。
いい音楽を聴くこと。
いい香りを感じること。
セルフマッサージでも、セルフストレッチでも、瞑想でもいい。
暖かい布団に潜り込むこと。
散歩、深呼吸、体操。
自然と触れ合うこと。
動物と触れ合うこと。
もちろん、愛する人と触れ合うこともね。

「ああ、気持ちいいなあ」と感じることを、自分に対して積極的にやってあげる。
すると、ココロがゆるむのです。

ココロとカラダはリンクしている

BBトレーナーはカウンセリングでココロにアクセスして、整体でカラダにアクセスします。

カラダをゆるめると、ココロがゆるみます。
ココロに余裕がなくなると、自分を客観的に見ることが出来なくなります。
ココロをゆるめることで余裕がうまれ、自分を客観視できるようになります。
すると、深い気付きを得やすくなるのです。

ココロとカラダはリンクしているのですから、両方からアクセスした方が良いに決まっています。

BBトレーナーは、メンタルトレーナーとフィジカルトレーナーの二役を一人でこなします。
この二役を同一人物がこなすということに意味があります。
なぜなら、ココロとカラダはリンクしていて、切っても切れない関係にあるからです。

この記事を読んで、私の施術が受けたいと思った方は、こちらのページをご覧ください。
【渕脇の施術およびカウンセリングをご希望の方へ】
そして、お気軽にご相談いただけたら嬉しいです。
私は多くの方に力になりたいと思っているのです。