年齢を気にしない生き方

私は整体師として、これまで多くの方の身体に触れ、健康問題を考えてきました。
そんな私が常々思うのは、人間の身体は個人差がかなり大きいという事です。

特に、年齢を重ねれば重ねるほど、その差は開いていく傾向にあります。

例えば、私が運動としてウォーキングを薦めたとします。
すると、多くの人はこう聞いてくるのです。

「どれくらい歩くのが良いですか?」

この質問には、正確に答えることが出来ません。
なぜなら、やってみなければわからないからです。

ネット上にはいろいろな情報が飛び交っています。

一日10,000歩が良いとか、8,000歩が良いとか、20分以上は歩かなきゃとか。

確かに、何らかの根拠があっての事だと思うのですが、
これらの数字が「自分にとって良い数字なのか。」
と問われれば、それは解らないのです。

これまで全く運動をしてこなかった人が、いきなり10,000も歩いたら、きっとどこか痛めてしまいます。
疲れてしまって、そんなに歩けないかもしれません。

しかし、いつも運動している人には、10,000歩のウォーキングなんて物足りなくて仕方がないかもしれません。
結局は、自分の身体と対話しながら、いつもフィードバックをして試行錯誤するしかないのです。

このフィードバックをしっかりとしていれば、自分の年齢を忘れてしまっても構わないと私は思います。

「もう歳なんだから、おとなしくしないと。」
「もういい歳だから、こんなことは出来ない。」

と年齢を気にしている方がいらっしゃいますが、それこそ個人差が大きいのですから、一般的な年齢のイメージが自分に当てはまるとは限りません。
むしろ、年齢に自分を合わせてしまって、自分の能力を限定してしまっているかもしれません。

年齢なんて、人間が便宜上考えた物差しにすぎません。
その人の体力を表す指標にはならないのです。

世の中には、80歳でエベレストに登ってしまう人もいるのです。
年齢を気にしていたら、自分の可能性を狭めてしまうかもしれないのです。

95448ce154cd347eff54a1e22d1a168a_s

もちろん、私は無謀な挑戦をせよと言っているわけではありません。
きちんと自分の身体と対話して、フィードバックしていることが大切です。
それをきちんとしてれば、無茶なことをして体を壊すことは無いでしょう。

ひとは年齢で自分の体力を判断しがちです。
しかし、先ほども書いたように、便宜的に決めた物差しで測っても意味はありません。

この記事を読んだ方は、これからは自分の年齢を考えないようにしてください。
そうして、自分の身体とじっくり向き合ってください。
そうすれば、いつまでも、あなたの人生は可能性に満ちているのです。