受け入れることから始まる

こんにちは!
BBトレーナーの渕脇です。

物事が自分の思い通りに進んでいれば、なにも悩むことは無い。
それは当たり前のことです。

しかし、何もかも思い通りに行くわけではありませんよね。
問題が起きるのもまた、当たり前のことです。

その当たり前のことをどう受け止めるのか。
その受け止め方によって、ストレスの度合いが変わってきます。

受け入れる

うまくことが運ばないときに、その事実にイライラしたり、自分を責めたり、不運を恨んでみても仕方がありません。

まずは、その事実を冷静に受け入れるしかありません。
受け入れることが出来ない場合、苦しみが増大していきます。

受け入れることが到底できないような過酷な体験も、時間をかけてでも受け入れていくしかありません。

すでに起きてしまった出来事に対しては、受け入れていくしか先に進む方法はありません。
それが先に進むための第一歩になります。

受け入れることが出来ずに、苦しみ続ける人はとても多いのです。
受け入れて、あきらめて、それから次の対策を考える。

この過程を経ることが、先に進むために必要なことなのです。

受け入れるためのおまじない

思い通りに進まないときにどういう心持でいればいいのか。
先人たちも、その問題と向き合ってきました。

そこを乗り切るための言葉が沢山あります。

しょうがない
まあいっか
そんなときもある
それが人生
明日は明日の風が吹く
なるようにしかならない
ケセラセラ
なんくるないさー
人間万事塞翁が馬

必要以上に落ち込まず、自分を傷つけず、明日に向かう言葉。

他にもたくさんありますよね。
人それぞれに、自分の好きな言葉があると思います。

自分を責めず、前向き、自分の背中を押してやる。
そういう局面が幾度となくやってくるのが人生です。

受け入れてから対策を考える

受け入れることが出来たら、「じゃあどうすればいいか」と対策を考えます。
その時点で、自分の意識が未来へ向かいます。

意識のベクトルが過去から未来へと変わるのです。
意識が未来へ向かい、対策案が見えた時、希望が芽生えて、心が楽になります。

過ぎてしまったことを、いつまでもくよくよしていても仕方がありません。

受け入れて、対策を考える。

この過程を出来るだけ速やかに通る事で、ストレスを驚くほど軽減させることが出来るのです。

結局、受け入れられずにずっと苦しむというのは、自分で自分を苦しめていることになるのです。

まずは受け入れましょう。
そして、「じゃどうするか」と自分に問うてみましょう。

そうすることで、驚くほど心が軽くなります。