問題を単純化すれば苦しみの正体が見えてくる

こんにちは!
BBトレーナーの渕脇です。

シンプルに考えよう

物事を複雑に考えすぎると、本質が見えなくなります。
物事を単純化して、シンプルにとらえるようにすると、いったい何が問題なのかがわかってきます。

私がカウンセリングを行うにあたって気を付けていることがあります。
それが、問題を単純化することです。

クライアントは混乱しています。
状況は複雑で、そのうえ、自分の感情が揺れ動いています。
感情が絡み合うことで、よけいに問題が複雑に感じられるのです。

カウンセリングは、一見複雑に見える問題を整理して、クライアントに再提示します。
事実と解釈と感情を分離して整理します。

問題を出来る限り単純化するのです。

解釈によって感情が変わる

現実に起こっている問題は何か。
それを、客観的に理解するために、事実だけを分離して抽出します。

そして、その事実を、どのようにう受け取っているか、どのように解釈しているかを認識します。
ひとは、事実と解釈を無意識のうちに同一視しています。
しかし、事実と解釈は違います。

事実は単に、実際に起こっている現象であって、それに対して直接的に感情が乗る事はありません。

その事実をどのように解釈するか。
そう受け取るか。

その解釈、受け取り方に対して、感情が乗ってくるのです。

クライアントの感情に注目していれば、そのクライアントが事実をどう解釈しているかがわかります。

感情は、解釈によって変わってきます。
そのことを理解してもらうのです。

このように、問題を整理していくことが、問題解決の第一歩になります。

ここまでくれば、あとは解釈を変えていくだけです。
解釈を変えていくことが出来れば、クライアントの抱える問題は、多くの場合解消します。

もちろん、起こっている事実自体が問題であるならば、それを解決する方法を考えなければいけない場合がありますけれど。

例えば、犯罪に巻き込まれている、ストーカー被害にあっている、セクハラやパワハラの問題など。

解釈を変えるだけで解決することは多い

何年も苦しんできた問題が、解釈を変えたとたんに解決する、というケースは多いです。
ほんの数回の面談で、嘘のように解決することもあります。

解釈が変わるときというのは、一瞬で変わります。

例えば、だまし絵の中に隠れていて気が付かなかったものが、ある時突然見えることがあります。
見える瞬間というのは一瞬ですし、一度見えてしまえば、その後ずっと見ることが出来るようになります。
あの感覚に似ています。

それが、「気づき」です。

どうして今まで気がつかなかったんだろう、と不思議な感じすらします。
それが見えてしまえば、今までの苦しみから嘘のように解放されるようになります。

問題を整理して、単純化して眺めてみることによって、気づくことがあります。
シンプルに考えることで気づきやすくなるのです。

あなたの問題を単純化してみよう

さて、これをお読みのあなたは、何か問題を抱えているでしょうか。
問題を整理して、単純化してみてはいかがでしょうか。

まずは、事実と解釈を分離してみてください。
解釈に対して感情が発生していることを理解してください。
今の解釈とは違う解釈が出来ないかどうかを考えてみてください。
そうして、自分が一番楽になる解釈を考えてみてください。

どうですか、それが出来れば楽になることがお判りでしょうか。

要するに、自分の解釈が自分を苦しめているのです。
そのことに気が付くことが出来れば、生きるのがずっと楽になります。

問題を整理して、単純化して、解釈を変えていく。

ただそれだけのことなのです。