人は感情で動くのです

こんにちは!
BBトレーナーの渕脇です。

さて、質問ですが、
自分を大切にしてくれる人と、ぞんざいに扱う人がいます。
あなたはどっちの人の言うことを聞きますか?

答えは明白ですよね。
自分をぞんざいに扱う人の言うことなんか聞きたくないし、会いたくもない。
それなのに、毎日顔を合わせなければいけないような状況なら、それはストレスもたまります。

自分を大切に扱ってくれる人のためなら、何か自分にもできることが無いかと自主的に思うし、そういう人とは毎日顔を合わせていても辛くないし、むしろ嬉しいでしょう。

これを企業とか会社に入れ替えて考えれば分かりやすいですよね。

社員のモチベーションを上げる

会社が自分を大切に扱ってくれていると感じれば、社員のモチベーションは上がります。
会社が高圧的で、自分を単なる駒のように扱っているように感じるのであれば、社員の士気は下がります。
これは自然の摂理ですね。

給料を払っているんだから、こっちの言うことを聞け。
という態度では、やはり人は動かない。

会社のために頑張ってくれてありがとう。
お給料にその感謝の気持ちをのせて払ってこそ、人は動くのではないでしょうか。

同じ人件費を払うのであれば、効率よく成果を出したいですよね。
そのためには、やはり、人の感情を大切にするのが良いに決まっています。

経営陣の思いを伝える

企業対人であろうと、人対人のお付き合いと同じです。
なぜなら、企業は人の集合体であって、感情の無い、無機質な化け物ではないからです。

ですから、従業員は企業の(経営陣の)人柄を見ているのです。

経営者として大切なことは、従業員を人とて大切に扱うということ。
その姿勢を見せるということ。
その姿勢を伝えるということ。
これがとても大切だと思います。

人として大切に扱うということは、その人のココロとカラダの健康に配慮することだと思います。

BBトレーナー導入のメリット

BBトレーナーを導入することは、従業員を大切に思っているという姿勢の表現になります。
いつまでも健康でいてもらって、会社のために頑張ってもらいたいという姿勢の表れです。

そういう企業の姿勢を見せられて、うれしくない人はいないでしょう。
自分の会社が従業員を大切にする会社であると認識することは、そこで働く人たちにとってとても幸せなことなのです。

幸せな気分で仕事をしてもらったほうが、良い仕事をしてくれるに決まっています。
そうすれば、当然のことながら、業績アップにつながります。

また、メンタル疾患で人が離脱するリスクも減るわけですから、これを導入しない手はありません。

従業員の健康へ投資をする

従業員のココロとカラダの健康に対してかかる費用は、コストではなく投資であると考えることが出来ます。

実際に、従業員の健康に投資をして、業績を上げている企業は沢山あります。
労働人口が減ってくる今後、このような企業が生き残るのは明白です。

企業は人の集合体です。
そこの集う人たちが元気で明るい気持ちで働いているということがとても大切なのです。

これからの日本社会においては、健康経営でなければ業績を伸ばすことは出来ないでしょう。
BBトレーナーの導入は、その第一歩となるのです。