幸せの棚卸しをしよう

こんにちは!
BBトレーナーの渕脇です。

おもちゃ箱があふれてしまう

私には4人の子どもがいます。
子どもは、何かとおもちゃを欲しがります。
どこかに出かけては、あれが欲しい、これが欲しいと言います。

さらに、レストランでお子様セットなどを頼むとおもちゃが付いてきます。
おもちゃ欲しさのそのセットを頼んだりします。

子どもが沢山いると、そういうおもちゃが家の中にあふれかえる事になります。
整理が大変なので、おもちゃ箱を買ってきて、そこに突っ込むのですが、突っ込んだ瞬間にそのおもちゃの存在を忘れてしまって、新しいものを欲しがります。

そして、その繰り返しになって、さらにおもちゃ箱が増えていくということになります。

じゃあ、もう使わないおもちゃを処分しようとして、おもちゃ箱をひっくり返すわけですが、そうすると、忘れられていたおもちゃたちが表に出てきます。

すると、ああ、こんなおもちゃを持っていたんだ、ということ思い出すわけです。
思い出して、しばらくはそれで遊んでいますが、またいつの間にか忘れてしまって、おもちゃ箱の中へ奥へと追いやられてしまいます。

そして、新しいおもちゃが欲しくなるのです。

手に入れたものは忘れてしまう

こういうことは、何も子供に限った話ではありません。
タンスの奥に、欲しくて買ったのにたいして着ていない洋服が眠っていたりします。
本棚には、まだ読んでいない本が沢山眠っています。

手に入れる前は、あんなにキラキラと輝いて見えたものが、手に入れた瞬間に輝きを失い、その良さがわからなくなってしまうことは多いのです

人はすでに手に入れてしまったものに対して、興味を失いがちです。
そのものの持つ価値が下がるわけでないはずなのに。

そして、まだ手に入れていないもの興味が移っていくのです。

こんなことを繰り返しているのですから、いつまでたっても満足することなく、欲しいものが手に入らないという欠乏感を感じ続けるのです。

すでに持っているものを意識する

すでに沢山のものを手に入れているということを、意識しているということは大切です。
あなたの手の中には、すでに沢山の幸せがあるはずです。
しかし、それがあるのが当たり前になってしまっていて、ありがたみを感じられないようになっているだけなのです。

無いものだけではなくて、すでに手の中にある宝物を意識して生活しましょう。
ただそれだけで、豊かな気持ちになるはずです。

幸せに気が付く

そうです、すでにあなたは恵まれているのです。
すでに愛されているのです。
そのことに気が付くだけで幸せになれるのです。

ですから、おもちゃ箱をひっくり返して、幸せの棚卸しをしてみてください。
すでに手の中にあるものを意識してみてください。
そして、それを日課にしてください。

一日に5分でいいので、幸せの棚卸しをする時間を作ってください。

今の幸せに気が付いてくださいね。