ビジネスは感謝で回っている

こんにちは!
BBトレーナーの渕脇です。

最近、ようやく気が付いたことがあるんです。

それは、ビジネスって「感謝」を原動力に回っているんだってこと。
ビジネスを「お金」に言い換えても良いかもしれない。

ビジネスって冷たいイメージ

ビジネスライクという言葉があるじゃないですか。
なんか、感情なんて度外視して、損得勘定だけでやるみたいなイメージがあって、冷たいというか、血が通っていない感じがしますよね。

それがビジネスだとずっと思っていたんです。

でも、それって、冷たいよね。
苦しいよね。
だから、ビジネスって嫌だよね~。
って思ってた。

いいビジネスには感謝がある

でも、本当にいいビジネスをしている人って、感謝が根底にあって、というか、感謝のやり取りをしているんだなということがわかった。

感謝のやり取りをお金で表現しているというのかな。
そういうイメージ。

売るほうは、クライアントの力になりたいと願って、商品やサービスを提供する。

買うほうは、いい商品、いいサービスを提供してくれてありがとう。
そういう気持ちを載せてお金を払う。

そして、私どもの商品やサービスを買っていただいてありがとう、という気持ちで受け取る。

従業員に対しても同じ。
私たちの会社のために働いてくれてありがとう、という気持ちをのせて給料を払う。
貰うほうも、働かせてくれてありがとう、という気持ちで受け取る。

顧客に対しても、従業員に対しても、こういう関係を作れることが大切なんじゃないかな。

感謝の交流が大切

私がこれまで、気に入って通っていたお店をあらためて思い返してみると、飲食店にしても自転車屋にしても、マッサージ店にしても、そこにいる店員さんの顔が思い出されるわけです。

もちろん、商品やサービスが良いのは当然なんだけれども、そこに心の交流があるからその店に通うわけですよね。

もちろんこれは、会社と会社の付き合いだって同じだと思うのです。
経営者や担当者の感謝のやり取りがあるからこそ、次の仕事につながるわけです。

いつもいつも、ビジネスライクに仕事をしていては、感謝の交流は生まれないし、それでは継続的なお付き合いは出来ないですよね。

クライアントのため、従業員のため、相手のために何が出来るか。

それを常に考え続けて、その気持ちが相手に伝わったときに、感謝の交流ができるのではないでしょうか。

そして、そういう関係を築くことが出来た時に、ビジネスがうまく回り出すのだと思います。

私はそういうビジネスがしたいし、そういう世の中にしたい。

世の中は感謝で回っている

ビジネスなんだから割り切らなきゃいけない局面もそれはあるだろうけれど、最初から割り切っていたのでは、感謝の関係を築けない。

大事なのは、感謝の関係を築く努力をすることかな。
そんなことにようやく思い至ったというわけです。

やっぱり、世の中は感謝で回っていると思う。