せっかくだから雪を楽しもう

こんにちは!
BBトレーナーの渕脇です。

東京に雪が降りました

いやあ、降りましたねー!
雪ですよ、雪。

首都圏に久しぶりの大雪です。

東京の人は雪に慣れていないので、
帰宅ラッシュに巻き込まれたり、
帰れない人がいたり、
道路で車が立ち往生したり、
滑って転んだり、
雪かきで筋肉痛になったり、
いろいろと大変な思いをした人も多いでしょう。

雪の日は非日常を味わえます

私は昨日、整体院をいつもより早く閉めて帰ってきたのですけれど、いつもの町が雪に覆われていて、まるでどこかの雪国に旅行に来たような錯覚に陥りました。

この、非日常的な感覚になれるところが、雪のいいところですね。
まあ、雪国の人は、これが日常なのでしょうけれど。

それで、昨日は子どもたちと一緒にお風呂に入りました。
いつもはお風呂の窓は開けないんですけれど、昨日は全開にしてみました。

うちのお風呂の窓は、開けても誰ものぞかない場所にあるので、安心して明けることができます。

窓を開けると、冷たい空気と一緒に雪が降りこんできました、
まるで、雪国の温泉に来たようです。

子どもたちも「気持ちいい~」と言って、大興奮でした。
ほんと、温泉旅行気分を味わって、とても楽しい思いをしました。

今でも子どもの部分を持っている

子どもの頃って、雪が降るととてもワクワクしましたよね。
子どもは雪が大好きです。

そして、大人になった今でも、その気持ちは自分の中に残っています。

でも、なんだか大人になると、

ああ、明日の通勤大丈夫かなあとか、
雪かきしないといけないなあとか、
しばらくは道が凍って歩きづらいんだよなあ、

なんて、悪い事ばっかり考えてしまいがちですよね。

朝のワイドショーを見ていても、そんな悪い事ばかり言っている。
まあ、立場上、はしゃぐわけにもいかないのかもしれないけれど、雪を楽しむ人たちの話題くらいは取り上げてもいいのではないか、と思ってしまいます。

どのように受け止めるか

雪が降った、という事実を、どのように受け止めるかは人によって違います。

私の中には、雪が降ってワクワクしている部分と、雪かきをしなくちゃいけないなあとか、しばらくランニングは出来ないかもなあ、と困っている部分があります。

でもまあ、降ってしまったものは仕方がないじゃないですか。

こういう時に、意識的に、ワクワクしている部分を大切にしてみると楽しいです。

意識的に解釈を変えてみる

この雪で困っている人が沢山いるんだから、そんなのんきなことを言っている場合ではない!
不謹慎だ!
と、わざわざ自分を責める必要はありません。

ワクワクしいている部分を、あえて意識してみるのもいいじゃないですか。

事実を受けれて、解釈を変える。
そうすると、気分が変わる。

雪が降ったという事実を、どのように受け止めるかで、気分が全く違います。
どう解釈するかで違いますよ~。

さて、今日はこれから雪かきだなあ。
せっかくだから、雪かきも楽しんじゃおうと思います!

なんでも楽しめる自分が嬉しい!

関東圏の皆さん!
久しぶりの雪を楽しみましょうね~!