うつに対する世の中の認識を変えたい!

こんにちは!
BBトレーナーの渕脇です。

整体とカウンセリングをやっています

私は、東京都東大和市であおぞら整体院という整体院を経営しています。
産業カウンセラーでもあるので、うつや自律神経の失調などでお困りの方のサポートもしています。

整体院でそういうサポートをしている、というところはまだ少ないので、多くの方は、うつで困ったから整体院に行ってみよう、とは思わないようです。
選択肢として浮かばないのでしょう。

それでも、何年も病院に通ってもいっこうによくならない、という方が、いろいろ試した末に、私のところを探し出してやってくる、というケースが少なくありません。

もうちょっと早く、私のところに来ていただければ、と思うのですが、必要な人に情報を届けることができていないのは、私の力不足ということになるのでしょう。

情報が錯綜している

うつや自律神経でお困りの方は、本当に多いですね。
心療内科などのクリニックは、どこも患者さんであふれているようです。

それでいて、何年も苦しんでいる、という人も多い。
それは、医療の問題もあるし、これだけ蔓延していて、いつ自分がなってもおかしくないような問題にもかかわらず、その実態が多くの人に伝わっていないのも問題だと思います。

ネットでうつ病を検索していると、いろいろな情報が錯綜していて、困惑するのも無理はありません。

うつは心の風邪だから、お医者さんに行ってお薬を飲めば治る。
うつは脳の病気だから、薬を飲まなければ治らない。
うつは心の病気だから、薬を飲んでも治らない。
カウンセリングを受ければ治る。
カウンセラーは怪しい人も多く、洗脳されるかもしれないからやめたほうがいい。
整体に通うのもいい。
整体なんかでうつが治るはずがない。
うつには運動が効く。
うつで弱っているときには、激しい運動はしないほうが良い。
うつの時には重大な決断はしてはいけない。
うつは環境を変える必要がある。
規則正しい生活をしなければならない。
無理に動かず、ひたすら寝ているほうが良い。

こんなにもバラバラなことが書いてあったら、そりゃあ、悩むのも無理はありません。

自分の健康は自分で取り戻す

日本の法律上、病気に対して治療行為をするには、医師免許が必要です。
医師免許がない人が、「○○を治せます!」などというと、捕まってしまいます。

そもそも、それ以前に、何でもかんでも、医師に治してもらおうと思っている時点で間違えているなあ、思います。

日本人は、国民皆保険の負の側面ですが、すぐに医療機関に頼ろうとしてしまいます。
自分の健康は自分で取り戻す、自分で守る、という発想を持っている人が少ないように思います。
ほとんどの場合、病気を治すのは、自分の治癒力です。
そのことを忘れてはいけません。

もちろん、医師にお願いしなければ治せない病気というのはあります。
しかし、ほとんどの病気は、自分が治す気にならなければ治らないものです。
うつや自律神経の失調というのは、その典型です。

周囲の理解

うつや自律神経の失調というのは、長い間ストレスにさらされてしまった脳や身体が、極度に疲労してしまった状態だと考えられます。

ですから、その疲労を回復させなければいけないのです。
もちろん、回復には時間がかかります。
場合によっては、何年という単位の時間が必要になることもあります。
その間は、うつになる前100%とすると、60%くらいの出力しか出ないこともあります。

まずは、周囲がそのことを理解する必要があります。

休職を経て復帰してきた人が、見た目はもう治っているかのように見えても、本人としては、60%しか出来ないというもどかしさを感じているのです。
そのことを理解して、100%を求めないようすることが大切なのです。

本人の心構えとしても、100%出来ない自分に対して焦り、情けなさを感じ、そこで悩んでストレスをため込んでしまっては、回復が遅くなるどころか、再びぶり返してしまうこともあります。

寄り添う人が必要

この時期には、やはり、寄り添う人が必要になるのです。
焦りや情けなさなどの心情に寄り添い、どのように物事を受け止め、どのように解決していくかを相談し、一緒に考えてくれる人というのが必要です。

本来であれば、主治医である医師がその役割を担うのが理想なのですが、クリニックが患者であふれかえっているような状態では、一人一人にきめの細かい対応をするのは無理があります。
5分程度の診察時間では、そんなことは出来ないでしょう。

そのために、カウンセラーという人たちが必要なのです。

相性が大切

うつや自律神経の問題は、心の疲労ですから、心から信頼できると思える人でなければ、医師やカウンセラーは務まりません。
これには、相性の問題というのが付きまといます。

どんなに優れた医師でも、どんなに優れたカウンセラーでも、やはり人間対人間の問題なので、相性というのがあるのです。

相性が合わないと思ったら、医師でもカウンセラーでも、どんどん変えていくことを考えるのが良いのです。

この人なら信頼できると、心から思える人に出合うことも大切なのです。

その時に、相手に遠慮して変えられない、ということがまた、ストレスになっている人も少なくありません。

しかし、自分の健康を取り戻すために、医師やカウンセラーをお願いしているのですから、それがストレスになって、治癒を妨げているのであれば、本末転倒です。

自分の健康は自分で守る。
そういう気概を持って行動するということは、自分の健康を最優先に考えるという事です。

情報を発信し続けるしかない

私は、今の精神医療を変えたいと思っています。
ただ、残念なのは、私が医師ではないこと。
単なる一整体師、一カウンセラーでしかありません。

そんな私が、世の中を変えていくには、情報を発信し続けるしかありません。

これからもどんどん情報を発信して、多くの困っている方の力になりたいし、そもそも、予防に力を入れたいと思います。

そうして、みんなが安心して暮らせる社会を作りたいと思います。

うつに関しての情報は、これからも積極的に発信していきますね。

渕脇の施術を受ける

私の施術とカウンセリングを受けたい方は、ぜひ、東京都東大和市のあおぞら整体院にお越しください。

また、東大和市は遠い!という方は、都心でも受けられます。

カウンセリングだけなら、オンラインカウンセリングも受け付けています!

詳しくは、こちらのページをご覧ください。