運動は骨を鍛える

運動をすると筋肉が強くなることはよくご存じだと思います。
運動によって強化されるのは筋肉だけではありません。
骨も運動によって強化されるのです。

人間の身体は、環境に適応しようと変化します。
強い体が必要な環境に身を置く事によって、その環境に適応しようとして体が強くなっていくのです。
このことは、骨も例外ではありません。

年齢を重ねると、骨が弱くなっていきます。
特に女性は、閉経によるホルモンバランスの変化で骨が弱くなりやすく、骨粗しょう症のリスクが高いことは良く知られていることです。
そこで、若いうちから骨を強化しておく必要があります。

骨粗しょう症を予防しようとして、カルシウムのサプリメントを飲んだり、好きでもないのに牛乳を飲んだりしている人は多いと思います。
ところが、そういう人の中にも、運動をしていないという人がいます。
これでは、骨を強化することは出来ません。

牛乳に関しては、逆に骨を弱くするということが解ってきています。
好きでもない牛乳を飲んで、体重が増えて、骨が弱くなるのでは、何のために飲んでいるのかわかりませんね。
牛乳の件については、後日、詳しく書きたいと思います。

「骨を強化するためにカルシウムを摂取しているけれど、運動をしていない。」
ということは、これを筋肉に置き換えると、
「筋肉を強化するためにプロテインを摂取しているけれど、筋トレをしていない。」
というのと同じです。

プロテインを摂取するだけでは筋肉は強化されないことは、誰でもわかることだと思うのですが、これが骨の事になるとわからない人が多いのです。

私は、一般の人が健康な身体を作る程度の運動であれば、プロテインやカルシウムなどのサプリメントは必要ないと思います。
運動選手のように、特に強靭な身体を作る場合は、サプリメントの力を借りること必要になるでしょう。
しかし、一般の人は、普通の食事から必要な栄養素を摂取することを考える方がより大切なのです。

59e0ee5fa6104c92fdd2e6c485b828a8_s

サプリメントを摂ると、なんだか身体にいいことをしているような気になって、基本がおろそかになっている方が見受けられるのがきになります。

骨を強化するのであれば、骨に負荷をかけることが必要なのです。
骨に負荷をかければ、身体はその負荷に耐えられる骨を作るのです。

年齢を重ねた時に、なるべく長い間、健やかでいたいと願うならば、運動する習慣を持つことはとても大切です。
運動と言っても、特別なことをする必要は無く、せっせと体を使うという事が大切です。
日常の家事から、買い物、レジャーなど、身体を使ってアクティブに動けばよいのです。
そういう事の積み重ねが、強い体を作り、健やかな日々を連れてきてくれるのです。