オリンピックはやっぱりすごかった

平昌オリンピック、終わりましたね。
今日、閉会式が行われます。

私は、オリンピックがとても好きです。
なぜなら、元気をもらえるからです。

4年に一度しか行われない。
この4年というのが、ミソなんですよね。

選手の情熱が感動をくれる

4年という時間は長いですよね。
それぞれの選手が、この4年間をどのように過ごしてきたのか。

その選手たちの「思い」が、見ている者に伝わったとき、他の大会では得られないような感動を私たちに与えてくれるのです。

世界の頂点を目指すということは、並大抵の努力ではないはずです。

肉体と精神をギリギリまで高めて、毎日の生活を送ってきたことでしょう。
不安に苛まれたことも、挫折を味わったことも、自信を無くしたこともあったと思うのです。

それでも、オリンピックに出たい、世界で戦いたい、金メダルを取りたいというその人の熱い思いに触発されて、周りの人たちはその選手をサポートし続けたのでしょう。

そのサポートを受けて、それに感謝して、4年に一度の試合にピークを合わせてくる。
その人間ドラマが、オリンピックを熱くするのだと思うのです。

スポーツに限ったことではない

人の思いが、情熱が、周りの人を巻き込んでいくのは、なにもスポーツに限ったことではありません。

情熱をもって生きている人は、周りの人に良い影響を与えます。
そして、周りの人からサポートを得られるようになります。
一人の人の情熱が、周りの人たちを巻き込んでいくのです。

そこに、何とも言えないエネルギーが生まれ、それが増幅されて、どんどん大きくなっていく。

そのことを、本当に分かりやすい形で見せてくれるのが、オリンピックなのです。

個人的には小平選手を応援していました

私個人としては、スピードスケートの小平奈緒選手を応援していました。
小平選手が初めてオリンピックに出たころから注目をしていました。

でも、ここのところものすごく成長して、500mで連勝を続けていたということは、このオリンピックの話題が盛り上がるまで知りませんでした。

そして、その実力通り、オリンピックでも強さを見せつけてくれました。

いくら強い選手でも、オリンピックで普段通りの力を出すというのは難しい事。
それを、しっかりとやってくるあたり、その精神的な強さも素晴らしいと思いました。

オリンピックは平和の祭典

さらに、銀メダルの韓国の李相花(イソンファ)選手との仲睦まじい姿もまた、感動しました。

ご存知の通り、韓国と日本は、国家としてはあまりいい関係ではありません。しかし、世界一を争うライバルの二人には、何か響き合うものがあるのでしょう。

オリンピックは平和の祭典と言われます。
選手同士がこういう姿を見せてくれるのは、まさに、平和の祭典と言われる象徴的な姿でした。

また、その姿を見せてくれた場所が、韓国の平昌だったということもまた、とても意義のある事だと思います。

国同士がうまく行かなくても、個人のレベルではあまり関係がありません。

個人と個人が尊重し合って行くことが、草の根的に平和を作り上げていくのだということを、二人の姿は教えてくれているように思いました。

東京オリンピックも楽しみです

2020年は東京オリンピックですね。
私はとても楽しみにしています。

こちらも、政治的に賛否両論分かれていますね。

それでも、このスポーツの祭典が人々に与える影響の大きさを考えれば、私は大賛成です。

もちろん、負の側面も沢山あるでしょう。
商業主義に走りすぎているとの批判もあるでしょう。
どこから見ても完璧なことなどないわけですから、批判があるのは当たり前でしょう。

でも、人々の心に与える影響は目に見えません。
しかし、この無形の影響は無視できないのではないかと思います。

頑張っている人の姿を見るということは、人々に良い影響を与えるのです。

私も頑張ろう

やはり、情熱は人の心を動かすんだということを、改めて教えてもらいました。
私も、情熱を持って生きていきたいと思いました。

若い選手たちから、沢山のエネルギーを分けてもらって、とてもいい気分です。

情熱をもって生きていれば、きっと素晴らしい人生になります。

あなたは情熱をもって生きていますか?
もしかして、心の奥底にくすぶる情熱を抑え込んで気がつかないふりをしていませんか?

たった一度の人生ですから、表に出して、見える形で燃やしてみませんか。
きっと、いい影響を与えることができると思いますよ。

渕脇の施術を受ける

私の施術とカウンセリングを受けたい方は、ぜひ、東京都東大和市のあおぞら整体院にお越しください。

また、東大和市は遠い!という方は、都心でも受けられます。

カウンセリングだけなら、オンラインカウンセリングも受け付けています!

詳しくは、こちらのページをご覧ください。