ココロとカラダ どっちが大切か?

こんにちは。
BBトレーナーの渕脇です。

ココロとカラダ。
あなたはどちらが大切だと思いますか?

こんなことを聞かれると、きっと、

どっちも大切だろう。
ココロとカラダは表裏一体で分けられない。
健康を支える両輪だ。

つまり、どちらも同じくらい大切である。

と答える人が多いと思うのです。

私も、ずーっとそう思っていたのですが、
うつ病を経験してから、
そして、
整体院で沢山のクライアントさん見ていて、

本当にそうかな?

と思っているのです。

イチロー選手の言葉

野球界のレジェンド、ご存知イチロー選手がこんなことを言っているんです。

気持ちが落ちてしまうと、それを肉体でカバーできませんが、その逆はいくらでもあります。

つまり、
ココロをカラダがカバーすることはできないが、カラダをココロがカバーすることはできる。
ということを言っているのです。

これは、私の考えと同じです。

整体院のクライアントさんたち

私は、東京都の東大和市で、あおぞら整体院という整体院を開業して、今年で15年目になります。
この間、沢山のクライアントさんたちを見てきました。

世の中には本当にいろんな人がいます。
たくさんの人たちを見ていて、不思議に思うことがあります。

身体の状態はさほど悪くないのに、いつも沈痛な表情で、自分がどれだけ辛い思いをしているのかを訴えてくる人。

身体の状態は最悪で、こちらから見ていても痛々しいのに、なぜかいつもイキイキとしていて、明るくて元気な人。

どっちが幸せなのだろうかと、考えてしまいます。

うつ病の経験

私はうつ病を経験しました。
一番ひどいときは、とにかく何もしたくはありませんでした。

自分の存在を消してしまいたかったので、だれにも連絡を取らずに、息をひそめて暮らしているような感じでした。

しかし、身体のどこかが悪かったのかと言われれば、そんなことはありません。
身体はどこも悪くなかったのです。

でも、何もできないし、幸せなんて感じられないわけです。

ココロが健全であることが大切

ココロがダメになると、何もかもダメになります。

何もする気がしない。
何をしても楽しくない。
幸せを感じられない。
生きていること自体がつらい。

これでは、生きるパワーが湧いてこない。
当然、健康のために、
規則正しい生活をしようとか、
カラダにいいものを食べようとか、
運動をしようなんてこと、
思いつきもしないし、やろうと思ってもできないわけです。

やっぱりココロのほうが大切だと思うのです。

カウンセリングを受けよう

日本では、カウンセリングを受ける文化が根付いていないですよね。
だから、何となく抵抗を感じるわけです。

実際に、私もカウンセリングを学ぶまでは、カウンセリングを受けたことはありませんでした。

でも、自分で学んでみて、
さらに、自分でカウンセリングをやってみて、
これは素晴らしいものだな、と実感しています。

ストレスというのは、考え方一つでかなり変わってきます。
ぜんぜん違いますよ。

今までストレスだったことが、見方を変えただけで、全くストレスではなくなるということも少なくありません。

いままで、どうしてあんなことで悩んでいたのだろか?
そんな風に思うようになることもあります。

ただ単に、その時だけ癒されるのとはわけが違います。

見方が変わってしまえば、ストレスがストレスではなくなる。
あるいは、それが実は喜びのタネだと気がつくことすらあります。

根本的に、世界観がガラッとひっくり返ることすらあるのです。

これまで問題だと持っていたことが、問題ではなくなるのですから、それ以降は悩む必要がなくなります。

そんなことが起こる可能性もあるのです。

ココロが大切

結局、ココロが大切なのです。
ココロが病めば、何もできないし、幸せを感じることはできません。

ココロが健全なら、病気になっても感謝を感じることはできるし、幸せを感じることもできるのです。

私は、ココロが大切だと思っています。
もちろん、カラダも大切なのですよ。

でも、ココロが健康の土台なっている。
そう思っているのです。

だから、自分のココロを大切にしてください。
ココロの声をよく聴いてあげてくださいね。

渕脇の施術を受ける

私の施術とカウンセリングを受けたい方は、ぜひ、東京都東大和市のあおぞら整体院にお越しください。

また、東大和市は遠い!という方は、都心でも受けられます。

カウンセリングだけなら、オンラインカウンセリングも受け付けています!

詳しくは、こちらのページをご覧ください。