心病む人は心理学者であり哲学者である

第2回スタイリッシュエイジングクラブ

昨日は、第2回スタイリッシュエイジングクラブを、東大和市のあおぞら整体院で開催しました。

この会は、スタイリッシュに歳を重ねようとする人たちの交流を目指すクラブです。
会費1000円で、家飲み感覚でお酒を飲みながら、気軽に交流を図りながら、幸せな年の重ね方を模索します。

第2回目のテーマは、「うつを克服した人に学ぶ【幸せの極意】」という、なんとも大仰なタイトルで開催しました。

うつ病経験者が3人も参加

私もうつを克服した一人ですし、あおぞら整体院の三縄院長もやはり、うつを克服した一人です。
さらに、もうひと方、重度のうつで7年間も苦しんで、一時期は10種類もの薬を飲んでいたという方が参加してくれました。

この方は、7年間の間に、クリニックを転々として、沢山の治療を試して、最後にあおぞら整体院に落ち着いて、今ではすっかり克服できたという方です。

スタイリッシュエイジングクラブは、一応テーマは決めますが、後はフリートークで、参加者が自由に発言するスタイルで進めます。

そういうスタイルなので、ライブ感があるし、主宰する側としては、どのような展開になるのかは全くわからないというドキドキ感があります。

でも、昨日のクラブも目論み通り、深くて濃い話題で盛り上がりました。

うつを克服した人は沢山います

うつ病は治らないと言われています。
でも、うつ病を克服した人は実は沢山いるのです。

ただ、過去にうつ病を患っていたという事実を、積極的に口外する人が少ないだけです。
これはうつ病に限った話ではありませんが、自分の過去の病気の話をする機会は少ないし、その必要性もありませんよね。

そのうえ、うつ病はなるべくなら人に知られたくないという心理が働く病気です。
うつ病を克服した人は沢山いるのにもかかわらず、多くの人はその事実を知りません。

ですから、昨日の会合のように、うつ病経験者のはなしを、それも複数の人の話を同時に聴ける機会というのは、実際は多くはありません。

参加していただいた方には、貴重な機会になったのではないでしょうか。

心病む人の言葉は深い

心が病んでいるときというのは、じつに色々なことを考えます。
時として、哲学的な思索をすることがあります。
そこで何かをつかんで、立ち上がってくるのです。

ですから、うつを克服した人は、心理学者か哲学者のように、非常に深い話をすることがあります。

昨日も、深い話がポンポン飛び出して、なかなかディープな夜になりました。

また、こういう機会を設けたいけど、毎回これだと深すぎて疲れます(笑
しばらくして、ほとぼりが冷めたころに、またこのテーマでやってみたいと思います。

人生に悩んでいる、生きづらさを感じている、そんな方にもぜひ、参加してほしいと思います。

話題が話題だけに、昨日の写真はありません。
参加者のプライベートに配慮して、写真は撮りませんでした。

次回はダイエット

さて、このスタイリッシュエイジングクラブですが、まだまだ続きます。
次回の話題はダイエットです。

これは、今回の参加者からのリクエストです。
ダイエットについて大いに語りたいと思います。

ダイエットに興味のある方は、ぜひ参加してみてください。
ダイエットの本質に迫りたいと思います!

1000円でお酒が飲めて、ダイエットがわかってしまうというのは、他ではありませんよ。

渕脇の施術を受ける

私の施術とカウンセリングを受けたい方は、ぜひ、東京都東大和市のあおぞら整体院にお越しください。

また、東大和市は遠い!という方は、都心でも受けられます。

カウンセリングだけなら、オンラインカウンセリングも受け付けています!

詳しくは、こちらのページをご覧ください。