無駄な時間が人生を豊かにする

こんにちは。
BBトレーナーの渕脇です。

無駄な時間を過ごすことに罪悪感を覚える

いろいろな方の相談に乗っていると、何も生産しない意味のない時間を過ごすことに対する罪悪感を持つ人が多い、ということに気がつきます。

休養すること、遊ぶこと、ぼーっとすること、ゴロゴロして一日を過ごすこと。

専業主婦(主夫)、定年で引退した人がやることが無くて困っている人、さらには、メンタル疾患で休養している人。
そういう人たちが、罪悪感を感じ、自分の存在意義を見いだせずにいる。
そのことに苦しむ人たちもいます。

また、無駄や遠回りや失敗といったことに対しても、マイナスのイメージをもってします。
そのことに苦しんでいる。

無駄な時間があるから人生が深くなる

でも、何事もすべて無駄がなく、失敗もなく、生産的な時間であったなら、それで幸せなのでしょうか。
それこそ、窮屈で味気ない、つまらない人生のように思うのは、私だけではないはずです。

無駄や遠回りや失敗がある。
何も生産しない時間がある。

こういうものがあるから、人生が深く濃く、彩りが豊かになるのだと思うのです。

また、新しい知識や新しい視点、斬新なアイディアが生まれるのも、一見無駄に見えるような時間を過ごしている時ではないかと思うのです。

それなのに、余りにも多くの人が、その無駄を良しとしない、それこそマイナスのものとして考えていることに、この社会の病を感じます。

やっぱりいい塩梅がいい

多くの人は遊んで暮らすことを夢見ているのではないでしょうか。
それなのに、遊んで暮らすことに罪悪感を感じるというのも、不思議なものです。

人間の心理というのは、本当に複雑ですね。

ここにもきっと、バランスというか、ちょうどよい所というのがあるのかもしれません。
無駄な時間のちょうど良い所、いい塩梅というのが。

やっぱり、バランスが大切。
ちょうどよい、が大切なんですね。

程よく仕事をして、程よく役に立って、程よく遊んで、程よく無駄を過ごす。
そういう程よいことが大切なんですね。

無駄な時間を過ごすことを許そう

ですから、無駄なことはとにかくだめだと思いすぎると病気になります。

まあ、そういう時間もある程度ないと疲れちゃうよね。
という感覚でいるほうが良いですね。

つまり、無駄な時間は実は無駄ではなくて、必要な時間ということですね。
そう思うことで、無駄な時間を有意義に感じることができるようになると思います。

人生は短いし、時間はあっという間に過ぎていきます。
何も生産しない時間もじっくり味わいつくしましょう。
ああ、何もしないっていいなあ、ってな感じですね。

何もしないでいることを、自分に対して許してあげてくださいね。
そうすることで、人生を楽しむことができるようになりますよ。

渕脇の施術を受ける

私の施術とカウンセリングを受けたい方は、ぜひ、東京都東大和市のあおぞら整体院にお越しください。

また、東大和市は遠い!という方は、都心でも受けられます。

カウンセリングだけなら、オンラインカウンセリングも受け付けています!

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

著書