腑に落ちることが大切です

こんにちは。
BBトレーナーの渕脇です!

自分から選べばいい

先日、ツイッターに、「ツイッターは刺激的で面白いけれど、ぜんぜん癒されない。」というような趣旨のつぶやきを書き込んだら、それを見た大学の後輩から、「癒されるつぶやきをする人ばかりをフォローするようになったら癒されるようになった」というようなリプライが来て、なるほどなあ、と思いました。

要するに、こちらから選択をすればいいというだけの話なのですよね。

すべての人が同じように受け取るわけではない

情報化社会の現代ですから、いろいろな意見がネット上に飛び交っています。
当然のことながら、刺激的な内容やに読んでいて嫌な思いをしたり、苦しい感じになったりすることもありますよね。

ある人にとっては、それがとても勇気をもらうような言葉であったとしても、別の人にはそれが苦しいと感じることもあるでしょう。

例えば、私が大好きなQちゃんこと高橋尚子さんがよく、「諦めなければ夢はかなう」ということを言うんだけれども、一時期この言葉が苦しくて仕方がない時期がありました。
私がうつ病で苦しんでいる頃のことです。

当時は、とにかく省エネで生きていくことを考えていました。
60%くらいの出力でも生きていければそれでいいと思っていたのです。
だから、あきらめていたことが沢山あったわけです。
そのことを考えると、とても苦しかったのです。

受け手の状態によっても違う

うつ病の人には頑張れと言ってはいけないと言いますよね。
それは、頑張りすぎて壊れてしまった人たちだからです。
頑張りすぎて、無理をしすぎて、もう頑張れない、もうだめだ、となって力尽きてしまった。
そして、どうして自分は頑張れないんだ!と、自分を責め続けているからです。

そんな時に「頑張れ!」と言われたら、それはもう、傷に塩をすり込んでいるようなものですよね。

ところがこれが、少し回復してきたとき、もしかしたら頑張れるかもしれないと思い始めているときに、「少しずつでいいから頑張ってみるものいいかもしれないね」ぐらいのことを言われたら、「ああ、そうかもなあ」と思えるようになります。

要するに、同じ言葉でも、その時の状況によって、受け止め方が全く違ってしまうわけです。

腑に落ちるメッセージを受け取る

高橋尚子さんだって、先の言葉を私に向かって言っていたわけではありません。
これから夢を追いかけていく、若い人たちに向かって言っていたのです。

ですから、世の中にあふれる様々なメッセージの中から、自分にしっくりくる、腑に落ちるものだけを選んで、自分へのメッセージだと思えばよいのです。

世の中にあふれる様々メッセージは、それを誰に向かって発しているかという、想定する相手がいるのです。

相手が変われば言うことが変わる。
これは当たり前のことなのです。

ですから、すべてのメッセージを自分に向けて発信されていると思う必要はありません。

腑に落ちる。
ストンと収まる。

この感じが大切だと思うのです。
そういうメッセージを受け取ることが大切なのです。

自分のココロの状態がよくわかる

あなたは、いま、どんなメッセージを欲しいと思いますか。
結局、自分のココロが求めるものがあるのです。

どんなメッセージが腑に落ちるのか。
それが、あなたの今の状態を知るカギになるのです。

渕脇の施術を受ける

私の施術とカウンセリングを受けたい方は、ぜひ、東京都東大和市のあおぞら整体院にお越しください。

また、東大和市は遠い!という方は、都心でも受けられます。

カウンセリングだけなら、オンラインカウンセリングも受け付けています!

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

著書