練習は嘘をつかない【かすみがうらマラソン参戦記】

一昨日、4月17日(日)、茨城県の霞ケ浦のほとりで開催された、かすみがうらマラソンに参戦した。私にとっては、この大会はシーズンの締めくくりの大会であり、目標の大会でもある。

ところが今シーズンは、まともに練習が出来なかった。

昨年の夏に、自転車で転倒して鎖骨を折った。
その後、全く走る気力をなくしていた。
走っても辛いだけで、気持ち良さを感じられなかった。

さらに、母が脳梗塞を起こして、生死の境をさまよう事態となった。
連日のように病院に通うことになり、ランニングどころではなかった。

そのうえ、産業カウンセラーの資格試験が1月に控えていた。
その試験までは勉強に集中するために、ランニングは気晴らし程度にしかできなかった。

産業カウンセラーの試験の一週間前に、横田基地で行われるハーフマラソンに出場するはずだった。
そのハーフマラソンを皮切りに、しっかり練習する計画だった。
しかし、その一週間前に、子供たちと公園で鬼ごっこをしていて左足首を捻挫してしまった。

おかげで、横田基地のハーフマラソンは棄権。
2月の青梅マラソンも棄権。
青梅マラソン後に少しずつ走れるようになったのだが、2月の下旬に風邪をひいて、1ヶ月ぐらい体調が悪かった。
3月の春分日に行われた多摩湖駅伝の後に、ようやく本格的に走れる状態になった。

かすみがうらマラソンに参加するには、準備不足は明白だった。
多摩湖を2周(24㎞)することは出来るようになったけれど、それ以上走れるようにはならなかった。

そこで私は、中間点までは、今持てる力を全部出そうと考えた。
その後は行けるところまで行こうと考えたのだ。

レース当日、スタート時の天候は曇りだった。
気温は肌寒くもなく、スタートを待つ時も寒くはなかった。
若干風が強かったけれども、レースのコンディションとしてまずまずだった。

13000138_1037332776343960_3079261025146818848_n

前半はとても良かった。
調子も良く、計画通りかそれ以上のペースで走ることが出来、中間点までは目標をクリアできた。

ところが、22キロ地点を過ぎたころから、雨が降ってきた。
天気予報では小雨が降るとなっていたので、当初はあまり気にしてなかった。
しかし、やがて雨と風がどんどん強くなって、しまいには台風並みの暴風雨になった。

ちょうど足が辛くなってきたタイミングでもあり、身体が冷えて、気力も続かなくなった。
25キロ地点までは、何とか気力で持ちこたえたが、やがて足が攣り始めた。

30キロの手前でついに立ち止まってしまった。
立ち止まってストレッチをして、また走り始めた。
しかし、すぐに足が攣ってしまう。

大雨の中、立ち止まり、歩き、を繰り返していると、身体がどんどん冷えてくるのがわかる。

こんな雨の中、しかもこんな足の状態で走り続けることに意味があるか?
身体冷えているので、もしかしたら危険な状態になるかもしれない。
前半頑張ったから、もう目標は達成したじゃないか。

そんな事を考えながら、苦しみながらとにかく前に進んだ。

32キロ地点の給水ポイントの後ろに、スタッフの控室が見えた。
そこにリタイヤしたランナーが数名、暖をとっているのが見える。

ああ、俺もリタイヤしよう。

そう思った。
そう思って、その控室の方へ歩きかけた。

しかし、歩いてみると、まだもう少し行けるような気がした。
いやいや、もう少し行ってみよう。
ゆっくりでいいから、行けるところまで行こう。

そう思い直して、また走り始めた。

しかし、それから1キロも行かないうちに、両足の太ももが攣ってしまた。
立ち止まってストレッチをしても、すぐに攣ってしまう。
歩いてもなかなか収まらない。身動きが取れない。
暴風雨の中、さっきリタイヤしなかったことを後悔しながら、呆然と立ち尽くした。

さっきのところまで歩いて戻ろうか。

そんな事も頭によぎった。
しかし、戻るのは悔しかった。
戻るくらいなら、前に進もう。

そう思って歩き始めた。
しばらく歩いていると、太ももが楽になってきた。
そしてまた、走り始めた。

とにかく帰ろう。
ゆっくりでいいから、帰ろう。
そう思いながら、休み休み帰ることにした。
そうしたら、だんだんと足が攣る頻度が少なくなっていった。

相変わらず暴風雨で寒かったが、なんとかゴールにたどり着くことが出来た。

私がゴールにつくころには、雨もやみ日が差してきた。
本当に、とんでもないレースだった。

13043803_1037490679661503_6014660658519636908_n

今回のレースで分かったことは、やっぱり練習は嘘をつかないという当たり前の事。
40キロ走り切れる身体を作っておけば、あの天候でも走れたんだろうなあ、と思う。
私のガソリンが切れるそのタイミングで、雨が降ってきただけの事だ。

来年はちゃんと、40キロ走れる身体を作ろう。
今はそんな風に考えている。

何事もそうだけれども、近道は無いのだ。
やることをやった分だけの結果しか得られない。
近道を探しているうちはうまく行かない。
近道は無いと腹をくくった方が良い結果が得られるのだ。
それは当たり前の事なんだなあ。

なかなか、思い出に残る良いレースだったな。
一生忘れないだろう。