常識は変えるためにある!

こんにちは!
BBトレーナーの渕脇です。

常識を疑うことから始めた

私がかつて、うつ状態に陥ったとき、その苦しみから逃れるために最初にやったことは、常識を疑うことでした。

渡したうつ状態に陥ったのは、常識的な人間であろうとし過ぎたために、自分の気持ちを抑え込んでしまっていたことが原因だと思っていたからです。
なにごともそうだけれど、「し過ぎる」というのはよくないこと。
過ぎたるは及ばざるがごとし、なのです。

「常識」は怖いもの

だいたい、「常識」というものほど曖昧なものはありません。
人によって「常識」と思っていることが違ったりします。

人によって違う「常識」なんて、もはや「常識」でも何でもない。
それなのに、その人にとってはそれが「常識」であって、疑う余地がないものだったりするのです。

「そんな常識だよ」と思ってしまえば、そこで思考が停止してしまう。
この思考停止こそが、一番怖いんですよね。

色々な人のカウンセリングをしていると、こういう思考停止に陥っている人がじつに多いと感じるわけです。
そして、自分が思考停止に陥っているということになかなか気がつかないわけです。
なぜなら、それが「常識」だからです。

「常識」ほど怖いものはない。
私はそう思っているのです。

「常識」を破るのもまた怖い

そうはいっても、私もまだまだ、自分の中の「常識」に縛られていることが沢山あります。
それは単なる思い込みにすぎないはずなのに、「常識を破っていくこと」に対してとても怖さを感じます。
それは、自分の知らない未知の世界へ足を踏み入れることになるからです。

この恐怖感は、人間なら誰しもが感じるものなのかもしれません。
その恐怖感を乗り越えて行く人、すなわち、「常識を変えていく」人こそが、世の中を変え、自由を勝ち取っていく人なのかもしれません。

「常識」を変えていく人

世の中の多くの人が、「それは常識だろう」と思考停止時状態に陥っていることに対して、なんか違うよねって思ってそれを打ち破ろうとする人が、次の時代を切り開いていく人なんじゃないかな。
そんな風に思うようになって来ました。

そう考えると、「常識的であろうとする」ということは、「世の中を変えようとしない」ということです。
世の中の変化に対して、常に後からついていく人。
こういう人が世の中のリーダーには当然ならないし、下手をすれば社会の底辺に沈んで搾取される人になりかねない。

むしろ、リスクをとって常識を変えていこうとする人が、常に世の中を変えていくリーダーとなり、自由と富を手に入れていくの刃ではないかと思うのです。

世の中の状況が変われば、かつて「常識」と思われていたことが窮屈になってくる。
問題が出てくる。
すると、それを先頭に立って変えて行こうとする人物が現れる。
その人が、次の時代のリーダーになるわけです。

こう考えると、「常識」というのはそれに盲目的に従うものではなくなて、変えていかなければいけないモノなのかもしれません。

「常識」を疑うことがチャンスを生む

自分を縛り付けている「常識」を疑うということは、自分がそこから自由になるだけではなく、自分が次の時代を作っていくチャンスがそこにあるのかもしれません。
今はそんな風に思うようになりました。

言い換えれば、常識とは変えるために存在している、変えられるのを待っているのかもしれませんね。

さて、これをお読みのあなたは、こんな「常識」はおかしい、と思っているものはありませんか?
そこに、あなたが輝くためのヒントがあるかもしれません。

一度その常識を、徹底的に疑ってみてはいかがでしょうか。
常識を疑うことから、すべては始まるのかもしれません。

渕脇の施術を受ける

私の施術とカウンセリングを受けたい方は、ぜひ、東京都東大和市のあおぞら整体院にお越しください。

また、東大和市は遠い!という方は、都心でも受けられます。
カウンセリングだけなら、オンラインカウンセリングも受け付けています!

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

無料メール講座

コンディショニングの基礎が分かりやすく学べる、無料メール講座【コンディショニング基礎講座(全7回)】を用意しました。

登録すると、7日間にわたりメールが届き、コンディショニングの基礎が学べます。
また、毎週月曜日発行の、公式メルマガ【ハッピーコンディショニング通信】にも同時にお申し込みができます。

無料「コンディショニング基礎講座(全7回)」のお申込みはこちら

著書