幸せな人生の作り方

将来の不安に備えるのは大切だけれど

かつての私もそうでしたけれど、いつもいつも、将来の不安におびえている人って多くないですか?

将来の不安やリスクに備えて、今は我慢。
そんな人。

例えば、老後。
老後の悠々自適の生活のために、今を犠牲にしている。
そういう感覚の人は多いと思います。

私も、サラリーマン時代はそんな感覚でした。
就職も、やりたいことよりも、とりあえず安定的に収入を得ることを優先しました。
少々仕事の不満があっても、いずれやってくるであろう両親の介護のことや老後のために、今は我慢して働かなければいけないと思っていました。

でも、ある時、そんな考え方は違うんじゃないかと、気がつかせる出来事が起こったのです。

将来は来ないかもしれない

私がうつ状態に陥る直前のこと。
とても忙しくて、自分一人では仕事をこなすことができなかったので、入社以来度々お世話になっていた業者さんにお手伝いをしてもらっていました。

その人には、2歳になる娘さんがいて、会社の仕事は大変だけど、娘のためにも今は我慢しなければいけないと話していました。

ところがある日突然、この方は交通事故で亡くなってしまったのです。
しかも、奥さんも、娘さんも一緒に。
この方が言っていた、娘さんの将来は来なかったのです。

まさかこんなことが起こるなんて、私は想像だにしていませんでした。
昨日まで元気だった人が、今日はもうこの世にいない。
そんなこと、だれが予想できるでしょうか。
実際にそれを経験してみなければ、リアリティをもって感じることができませんでした。

突然人生が終わるかもしれない

しかし、その可能性はゼロではない。
自分だって、いつ死ぬのかわからない。
どんなに健康に留意していても、車にはねられたらひとたまりもありません。

自分だって、今日にも車にはねられて死んでしまうかもしれない。
その可能性があるということを意識しました。

その時に初めて、自分が、来るか来ないか解らない遠い将来のために、今を我慢する人生観を持っていたことに気がつきました。

何となく、定年まで勤めあげたその先に、悠々自適の豊か老後の暮らしがあって、そのために頑張って働く、というイメージを持っていたのです。

でも、その未来は来ないかもしれない。
もしかしたら、今日終わってしまうかもしれない。

「今」が一番大切

そう考えたら、一番大切なのは「今」じゃないのかと。
今、楽しく充実した時を過ごさなければ、いつ過ごすんだと。
今が楽しくなければ、楽しい人生なんて送れないんじゃないのかと。

いい人生というのは、充実した「今」を積み重ねることによって出来上がるものではないかと、気がついたのです。
もちろん、将来に備えることは大切だけれど、今を犠牲にするのは間違えています。
この時に、私の中で人生観が180度変わってしまったのです。
パラダイムシフトが起こったのです。

その結果、仕事をするのがますます苦痛になり、うつ状態に陥りました。
そして、好きなことをやることが大切である、日々充実してしていることが大切なのだと思って、会社を辞める決心をしたのです。

幸せな人生の作り方

今の生活の中にある、幸せや楽しさをしっかりと味わうこと。
それが幸せな人生を作っていきます。

幸せはどこか遠い将来にあるものではないのです。
今、目の前に転がっているたくさんの小さな幸せを味わいつくして生きていくこと。
それが積み重なって振り返ったとき、幸せな人生がそこに出来上がっているのです。
幸せな人生というのはそうやって作り上げていくものなのです。

さて、これをお読みのあなたは、目の前にある幸せを味わいつくしていますか?
それとも、将来の不安のために、今を我慢して生きていますか?

楽しい今を積み上げること、目の前の幸せを味わい尽くすこと。
それが良い人生を作ります。

目の前にある幸せは何ですか?
今やりたいことは何ですか?

今を思いきり楽しんで下さいね!
今も、あなたの人生の大切な一部なのですから!

渕脇の施術を受ける

私の施術とカウンセリングを受けたい方は、ぜひ、東京都東大和市のあおぞら整体院にお越しください。

また、東大和市は遠い!という方は、都心でも受けられます。
カウンセリングだけなら、オンラインカウンセリングも受け付けています!

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

無料メール講座

コンディショニングの基礎が分かりやすく学べる、無料メール講座【コンディショニング基礎講座(全7回)】を用意しました。

登録すると、7日間にわたりメールが届き、コンディショニングの基礎が学べます。
また、毎週月曜日発行の、公式メルマガ【ハッピーコンディショニング通信】にも同時にお申し込みができます。

無料「コンディショニング基礎講座(全7回)」のお申込みはこちら著書