好きなものを心おきなく食べる方法

ここのところ、ずっとダイエットの事を書いています。
食事管理は健康の基本です。

私は多くの方が健康を手に入れて、健やかな人生を送ってほしいと願っています。
整体師になったのはそのためです。
骨盤に興味があるわけではありません(笑)
健康に興味があるのです。

体重は摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスで決まります。

この考え方は、収入と貯金の関係に似ていると思いませんか?

貯金は増えると嬉しいけれど、脂肪は減ると嬉しい。
そういう違いはありますけれど。

貯金を増やそうとしたら、家計簿をつけて収入と支出の管理をしますよね。
どれくらいの収入があって、どれくらいの支出があるかを把握することが大切です。
どんぶり勘定ではなかなか貯金を増やすことは難しいですね。
いったい何にいくら使ったのかわからないのでは、節約のしようがありません。

ダイエットも同じことですね。
自分がどの程度のエネルギーを摂取するのが理想なのか?
いったい何をどれくらい食べているのか?
それが解らなければ、何をどう改善すればいいのかわかりません。

カロリー計算をして数値で管理をしましょうというと、嫌がる人がほとんどですが、これにはメリットがあるんですよ。
その最大のメリットは、食べたいものが食べられる!
という事です。

予算内でお金をやりくりして欲しいものを買うのと同じように、カロリーをやりくりして好きなものを食べることが出来るようになるのです!

例えば、ケーキが大好きだとします。
どんぶり勘定だと、ケーキは絶対に食べてはいけないと思ってしまいます。
たまにはいいかな?と食べてしまうと、罪悪感が残りますよね。

「あー、誘惑に負けてしまった!」

そんな風に思って落ち込んで、もしかしたら、それをきっかけにダイエットが続けられなくなるかもしれません。

ところが数値管理をしていると、

「今日はあと300kca食べても大丈夫!じゃあ、ケーキ食べちゃおうかなあ!頑張ったご褒美だね!」

という気持ちで、美味しく、罪悪感を感じることなく食べることが出来ます。
この違いは大きいですよ!

別の例では、

チョコレートが大好きだとします。

どんぶり勘定では、チョコレートはダイエットの大敵だ!と思って一生懸命我慢します。
しかし、チョコレートの誘惑はとても魅力的です。
ついつい負けてしまって、一口ほおばると。。。そこから一気に、堰を切ったようにチョコレートを食べてしまうかもしれません。

これが、数値管理をしていると、

「一口チョコレートは30kcalか~。30kcalぐらいなら大したことないなあ。じゃあ、コーヒーのお供に一つだけ食べちゃおう!」

ということになって、美味しいコーヒータイムを味わうことが出来るのです。

12bd1818a33996a705a401a6c35ea656_s

この数値管理。
続けていくうちに、どの食品がどれくらいのカロリーか、だんだん頭に入っていきます。
やがて、「このくらいの食事をしていれば、体重はこれくらいに落ち着く」というのが、感覚的に解ってきます。
こうなったら、もう数値管理は必要なくなります。
大体3ヶ月も続ければ、こういう感覚が身についてくるのです。

数値管理は面倒だと思っているあなた!
その考えがダイエットを余計に難しいものにしているのです。
そのことに気付いてください!

今では、便利なスマホアプリが沢山あります。
簡単にカロリー計算が出来るようになっています。
そういうものを上手に使って、自分のカロリー家計簿をつけることをお勧めします!