本当にやりたいことを見つけるためのヒントを小学生の次男にもらった話

こんにちは!
スタイリッシュエイジングクラブ会長の渕脇です!

小学生5年生の次男との会話

昨日の次男との会話。
ちなみに、次男は小学5年生。
マインクラフトというゲームにはまっていて、ゲームをやっていないときはユーチューブばかりを見ています。

私「お前、将来、何がやりたいんだ?」
次男「マイクラの実況をする人。」

いま、ゲームの実況をユーチューブに上げている人結構いるんですよね。
次男はそれを楽しそうに見ています。
人がゲームをやっているの見て何が面白いのか、と私なんかは思ってしまうんですけどね。

私「お前、そんなんで食っていけるわけないだろう。」
次男「食っていけるかなんて関係ないんだよ。やりたいんだよ。」

そこではたと、気がついた。
ああ、私は、仕事として何をやりたいか、と無意識のうちに聞いていたんだなあと。
ところが次男は、純粋にやりたいことを答えたんだなと。

そういう純粋な気持ちは大切にしなくちゃいけない。
大人になると心が薄汚れていくんだな。
自分もだいぶ薄汚れている。

私「そうか、やりたいんか。確かに、食っていけるかなんて関係ないよな。食っていけなかったら、別のことして稼げばいいんだもんな。それでいいんだもんな。」
次男「そうだよ。それでいいんだよ。」
私「そうだよな。じゃあ、好きなことやってみろ。何でもやってみるのがいいんだよな。お前、いいこというなあ。」

次男はとても素直です。
嫌なことは嫌だとはっきり言うし、楽しい時は全力で楽しんでいます。
学校で嫌なことがあった時も、楽しいことがあった時も、何でも話してくれます。

そんな次男がとてもかわいい。

やりたいことが分からないのは心が薄汚れているから

子どもの頃の純粋な心を、大人になる頃にはいつの間にか忘れてしまう。
きっと、私のように、「そんなんで食えるのか」なんて野暮なことを聞く大人が沢山いるからだろう。

純粋に楽しいことをやればいいだけなのに。
それが職業だろうが趣味だろうが、そんなことはどうでもいいこと。

本来ならば、やりたいことをやるために生きているのではなかろうか。
そして、それを実現するために働くわけですよね。

でも、いつの間にか、働くことがメインになってしまって、そのためにやりたいことを我慢している。
それは、本末転倒なんじゃないのかなあ。

本当にやりたいことがわかる問いかけ

私のように「食っていけるのか」という狭い思考の中で考えている人が多いような気がします。
まずは、その思考の条件を外して考えてみたらいいんだよね。

食っていけるとか関係ないとしたら、いったい何がやりたいのか?

この問いが、人生を豊かにしてくれるのかもしれませんね。

渕脇の施術を受ける

私の施術とカウンセリングを受けたい方は、ぜひ、東京都東大和市のあおぞら整体院にお越しください。

また、東大和市は遠い!という方は、都心でも受けられます。
カウンセリングだけなら、オンラインカウンセリングも受け付けています!

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

カウンセリングセミナー

各種セラピスト、接客業、営業職、教育に携わる人、子育て中の人向けのカウンセリングセミナーを開催しています。
お気軽にお越しください。

セラピストのためのカウンセリングセミナーを開催します

無料メール講座

コンディショニングの基礎が分かりやすく学べる、無料メール講座【コンディショニング基礎講座(全7回)】を用意しました。

登録すると、7日間にわたりメールが届き、コンディショニングの基礎が学べます。
また、毎週月曜日発行の、公式メルマガ【ハッピーコンディショニング通信】にも同時にお申し込みができます。

無料「コンディショニング基礎講座(全7回)」のお申込みはこちら

著書