栄養のバランスをとるシンプルな方法

昨日の記事まで、数回に渡って摂取カロリーと消費カロリーの関係で体重が決まるという話をしてきました。
この数値を管理することが、実はダイエットを簡単にするんだと書きました。

ここまでの話では、食事をエネルギーの補給という側面からしかとらえていません。
食事にはもう一つの大切な側面があります。
それは、身体にとって必要な栄養素を取り込むという側面です。

食事には三つの重要な側面があると私は思っています。

1.エネルギー補給
2.栄養素の補給
3.楽しみ(レクリエーション、癒し)

ダイエットの難しさは、この三つの側面をバランスよく満たさなければいけないという点です。
その一方で、情報があまりにも多くなりすぎると、食事を考えるのが複雑になってきます。
なるべくシンプルに考えることが、習慣になるまで続けるためには大切なことだと思います。

そこで栄養のバランスをとるシンプルな方法を公開します。
この方法は私が若いころ、トライアスロンというスポーツにのめりこんでいた頃に、自分で発見した方法です。
素人の自分にもできる方法なので、皆さんにも参考にしていただきたいと思います。

自分が食べるものを以下の三つに分類します。

1、エネルギー源 (主に炭水化物、糖類) ごはん、パン、うどん、ラーメン、パスタ、お菓子、砂糖
2、身体の材料になるもの(主にタンパク質、脂質)  肉、魚、卵、乳製品、豆類
3、生理作用を円滑にするもの(ビタミン、ミネラル、食物繊維) 野菜、海藻、果物

この三つをまんべんなく食べるように心掛ける。
ただこれだけです。
毎回の食事を考える時にこれを意識するだけで、バランスの偏りがかなり改善されると思います。

ダイエットは蓄え過ぎたエネルギーの在庫を処分するようなものなので、上に挙げた1のエネルギー源を減らしていくことが大切だと解ります。
健康的な生活を送るためには、2の身体の材料と3の生理作用に必要なものを減らすわけにはいきません。
自分の推定エネルギー必要量をオーバーする場合は、まずは1を減らしていくことで摂取カロリーを調整をすればよいのです。

そう考えると、ダイエットのカギを握るのは炭水化物であると言えます。

1d1940c82953509b50a4e1706e98775d_s

この方法、私が考えたと書きましたが、知り合いの栄養士さんに聞いたところ、これは一般的な方法だそうです。
その栄養士さんは小学生に栄養の授業をする際に、この話をすると言っていました。
それを聞いて、ちょっと残念な気もしましたが、私の考え方が専門家から支持されたことは嬉しくもありました。

栄養の専門家ではない私たちが、普段の生活の中で栄養を考える場合、これくらいシンプルなほうが良いと思います。
ぜひ、今日から意識してみてください。